博報堂がオタクマーケティング専門チーム「ガリガリ編集部」発足、情報サイトも同時オープン

share

博報堂は、オタクカルチャーに強みを持つ社内クリエイター・プロデューサーを中心としたプロジェクトチーム「ガリガリ編集部」を発足、11月5日より本格始動する。

ガリガリ編集部ロゴ

オタクカルチャーに即した統合コミュニケーションを、企画から制作・PRまで一貫して提供するという。

近年、アニメの手法を用いたCMや、アニメコンテンツを起用したキャンペーンなど、タレントに代わる広報手段として、オタクカルチャーの活用に注目が集まっている。こうした流れを受け、これまでに多くのオタク関連のクリエイティブ・コンテンツクリエイティブを手がけてきた、コンテンツ領域・クリエイティブ領域の専門メンバーが集まり、専門チームを構成した。

ガリガリ編集部Webサイト

同日オープンした情報サイト「ガリガリ」では、企業の広告・プロモーション担当者向けに、オタク系コンテンツを活用したプロモーション事例や最新のオタク情報、コンテンツクリエーターへのインタビューなどを随時配信していく。

プロジェクトリーダー兼「ガリガリ」編集長を務めるのは、博報堂 統合プラニング室 コンテンツディレクター/編集者の林龍太郎氏。出版業界誌、サブカルチャー誌の編集者を経て、博報堂ではアニメ、声優、キャラクター、アイドル、芸人などを活用したコンテンツ発想による統合プロモーションを数多く担当している。


「博報堂」に関連する記事はこちら

Follow Us