Googleが解説、2014年YouTubeで話題になった10の動画広告に学ぶ5つのポイント

share

1「商品レビュー」など、人気フォーマットを上手く利用

YouTubeでは商品に関する説明を動画にまとめる「商品レビュー」と呼ばれるフォーマットや、非日常的な楽しいこと・新しいことにチャレンジする「○○してみた」「やってみた」タイプの動画の視聴が伸びる傾向にある。こうしたフォーマットにのっとって作られた動画広告が視聴回数を伸ばした。

事例

バンダイ・烈車戦隊トッキュウジャー
【烈車戦隊トッキュウジャー】ビルドダイオー遊び方動画

日本コカ・コーラ スプライト
【スプライト】「スプラッシュカート@伊豆白浜」 Sprite WEB MOVIE

2 大食いキャラ、空手選手…出演者の個性を活かした演出

出演者に特定の役柄を演じてもらうのではなく、起用したタレント・著名人自身の特徴や個性を捉えてコンテンツを制作した動画がユーザーの興味を喚起し、多く掲載された。具体的には、YouTubeで合計370万回以上再生された空手選手・宇佐美里香さんの世界大会の演武、声優・竹達彩奈さんの「大食いキャラ」などが挙げられる。

事例

吉野家
吉野家×竹達彩奈 「アタマの大盛」オリジナルCM

※都合により、広告掲載開始時とは異なるURLで紹介しています。

ヤフー・YahooBB
世界一の女性空手家 宇佐美里香出演 WebCM第1弾「ちゃぶ台を…」

Follow Us