コラム

コピーライター養成講座 講師・卒業生が語る ある若手広告人の日常

先輩から後輩へ伝えたかったこと。

share

つぎに、貪欲であること。
チャンスを貪欲に掴みとりにいく。
僕は会社に入ってから、
すごい人たちに出会いました。
当たり前ですが、すごい人たちは、
僕に会いに来てくれたりはしません。
だから、選抜制の研修に申し込み、
課題を提出する。そして、その上で、
何としても受けたいと手紙まで添える。
どうしてそこまでするのと言われるけど、
どうしてここまでしないのかと思う。
とことんやる。貪欲に。
やりたいと心から願っている人に、
人はやらせてみたくなるはずだから。
どうせ自分はと遠慮しているうちに、
誰かがぜんぶ持っていってしまう。

そして、誠実であること。
違う立場の人の門戸を開くには、
誠実な気持ちで会いにいくしかない。
ごくまれに。仕事をしている中で、
他社の方や一緒に仕事をしている方に、
偉そうに乱暴に接する人がいるけど、
もってのほかだと思う。論外。
ときには年齢を忘れた方がいい。
知らないことを知っている人は先輩。
そう思えたらまだまだ伸びることができる。
経営者に。編集者に。アーティストに。映画監督に。
違う仕事に就いた先輩後輩も。
パパやママになった友人たちも。
みんなまったく違う生き方、
働き方で社会に向き合っている。
僕たちが学ぶべき人はやまほどいる。
だからこそ誠実な気持ちで会いにいく。

素直で貪欲で誠実な人。
まずは自分自身が、
そうありたいと心から思います。

自分の信念を見つけてほしい。

海外賞に国内賞に、
賞は増え続けている。
賞を獲ったからといって、
生き方までは示してくれない。
他人と賞の数を比較したって、
もはや安心できる訳でもないと思う。
だからこそ差別化ではなく本質化。
自分はなぜ働くのか、
なにをできるのか、
なにをしたいのか。
なにを善しとして、
なにを悪しとするのか。
自分自身を掘りつづけるしかない。
自分なりに仕事を定義してみた方がいい。
自分の信念を言葉にしてみた方がいい。
自分を突き動かす言葉を見つけた方がいい。

もしかしたら他人から、
からかわれたり、けなされたり、
笑われたりするかもしれない。
それがどうしたと思おう。
自分の進む道は、
自分で決めた方が、
何百倍も生きている感じがするから。

次ページ 「僕の場合。広告の仕事とは、」へ続く

Follow Us