コラム

アンバサダー視点のススメ

納豆のタレと容器に見る、日本人らしい繊細な感覚。

share

【前回の記事】「広告の仕事は、人の幸福について考えること」はこちら

マーケティングで有名な「4P」が、1990年代初めに「4C」として提唱されたことは、以前のコラムでご紹介しました。企業主体の「売り手・企業視点」から発想を転換させて、今後は「消費者・顧客視点」を大切にすべきという指摘は、実は当時から行われてきたのです。その好例として、以前のコラムではペットボトルの四角い形状を取り上げましたが、今回は納豆の容器とタレの小袋についてです。かなり変わった事例だと思いますが、ペットボトル同様に生活に密着した商品だからこそ、顧客視点が反映されてきたと考えることができます。

納豆のタレに、日本人の繊細な感覚を見る

最近、海外で暮らす日本人と話をする機会が増えています。これは私に限ったことではく、グローバル化の進展により、おそらく多くの人が経験しているのではないでしょうか。そんな時、必ず話題になるのが日本と海外の文化の違いです。

日本の文化、特に日本ならではの心配りや繊細な感覚を伝える象徴として、納豆の「タレの小袋」の話を引き合いに出すと、かなり高い確率で賛同を得られます。

ここでいう納豆とは、スーパーやコンビニなどで3個や2個パックで売られている普通の納豆です。現在、さまざまな納豆が販売されていますが、大抵は一人分の納豆(約40-50g)が入っている発泡スチロールの容器のフタを開けると、中にタレが入っています。私が話題にするのは、あのタレです。

まず、そもそも1食ずつの容器に「タレの小袋」が同梱されている点がすごいと思います。さらに驚くべきは、そこでの小さな工夫です。あの小袋には切りやすいように、わずかな「切れ目」が入っているのです。(この「切れ目」は、最近は「どこからでも切れます」と書かれた「マジックカット」加工が一般的かも知れません。「マジックカット」とは旭化成パックスの特許技術で、現在はライセンス供与され多くの商品で使われている技術です。これもすごい工夫だと思います)。

この納豆メーカーによる小さな「切れ目」を入れる工夫、使う人を思いやる発想に、日本人らしい感覚が見えると言ったら大げさでしょうか。この小袋の「切れ目」がすごいのは、安価な日常品に対する工夫だという点です。しかし、もしあの「切れ目」がなかったら、日本の食卓ではハサミが必需品になっていることでしょう。

一方、例えばアメリカなどでは、あれだけ多くの商品がスーパーに並んでいても、タレの「切れ目」に相当する繊細さは、あまり見たことがありません。そう考えると、やはり日本人の感覚は細やかで独特なのかも知れません。そしてあの切れ目に、納豆メーカーによる顧客視点を感じるのは私だけではないはずです。

では、いつから、納豆にタレが付属するようになったのでしょうか。全国納豆共同組合連合会、納豆PRセンターに問い合わせたりして、いろいろ調べたりしました。

次ページ 「食生活と流通の変化が容量を変えた」へ続く

Follow Us