アイドルグループ「マジパン」のMVをAIでディレクションしてみた

share

【前回】「AIによる「効率化」と人間による「クリエイティブ」の幸せな関係」はこちら

執筆者
・マッキャンエリクソン(McCANN TOKYO)プランナー/McCANN MILLENNIALS Co-Founder 折茂彰弘

技術革新が目覚ましく、さまざまな領域で活用可能性が探られている人工知能(AI)。広告・コミュニケーション施策においても、徐々に活用されるようになってきました。

「人間の仕事を奪うのでは」とネガティブな文脈でとらえられることも少なくないAIですが、上手く活用すれば、人間の発想や思考、判断などをエンパワーしてくれる存在であることも知られつつあります。

sample3

広告・コミュニケーションの企画制作の現場におけるAI活用を進めている、電通、博報堂アイ・スタジオ、マッキャンワールドグループの3社が、各社の取り組み・研究の今をレポートするとともに、「AIはクリエイティブにどう役に立つの?」という疑問に答えます。

若手人材の発掘・育成を通じて広告クリエイティブの発展を願う、「宣伝会議賞」の特別企画です。

今後の更新予定(全6回)
第1回:博報堂アイ・スタジオ①
第2回:マッキャンエリクソン①
第3回:電通①
第4回:博報堂アイ・スタジオ②
第5回:マッキャンエリクソン②
第6回:電通②


 

はじめまして。マッキャンエリクソン(McCANN TOKYO)/McCANN MILLENNIALSの折茂彰弘です。

いよいよ今年も「宣伝会議賞」の応募受付がスタートしましたね!個人的には学生時代から何度かチャレンジしても、一次審査通過までしか経験がないので、今年は私たちの上司「AI-CD β」の力を借りながらトライしてみようかなと考えています。(それってルール的に問題ないですよね?)

さて、今回の記事では前回の吉富からバトンを受け取り、「AI-CD β」と一緒に取り組んでいる新たなプロジェクトについてご紹介します。

「人間」と「AI(人工知能)」が共創することによってクリエイティビティが拡張されていく様子を少しでも感じ取っていただければ幸いです。

アイドルをディレクションする人工知能!?

プロジェクトのきっかけは、2016年の年末。魔法をコンセプトとしたアイドルグループ「マジカル・パンチライン(通称:マジパン)」を担当されているポニーキャニオンのプロデューサー・島村譲さんが、テレビのニュース番組に出演(?)していた「AI-CD β」を見て、直接連絡をいただいたところから始まります。

初回の打ち合わせで、「マジパンのセカンドシングルの発売に向けて、何か一緒にできないか」という相談をいただき、人工知能がアイドルをディレクションすることが決定しました。

「AI-CD β」×「マジカル・パンチライン」

私たちとしても大変嬉しいお話だったのですが、ここで大きな問題に直面することになります。それは、「AI-CD β」は「CM制作のためのクリエイティブディレクションができる」人工知能であるということです。この問題をクリアするために、「AI-CD β」によるひとつ目のクリエイティビティの拡張が起こりました。

次ページ 「逆転の発想で「MV先行型 楽曲制作プロジェクト」」へ続く

Follow Us