コラム

クリエイティブシティ アムステルダムから送る「越境のススメ」 

日本×オランダの協働プロジェクト開始 越境は「スピード感」が命

share

越境プロジェクトは決断のスピードが大事。間違ったらすぐに変えるのも大事。

さて、そもそもデザイン×テクノロジーという「越境」集団でもあるFuture Creative Labの皆さんと協働することになったきっかけはフェイスブック。元々筆者が博報堂に在籍していたこともあり、Future Creative Labの代表である望月重太朗さんとは知っている仲でしたが、ある日、筆者のフェイスブックの投稿に望月さんが反応したことから「一度東京で会いましょう」となりました。

久しぶりの一時帰国に合わせて、軽くお茶をしたのですが、その場でアムステルダムのクリエイティブの話をしているうちに、「それは面白い環境ですね」というところから、「ぜひ何かオランダとコラボしましょう」と話をしました。

オランダに帰国後、すぐに望月さんが簡単な企画書を送ってくれたので、翌日にはそれを持って、今年前半に通っていたメディアラボアムステルダム(コラム「オランダのクリエイティブ人材を輩出する教育機関「メディアラボアムステルダム」参考)のOBOG組織「クリエイティブ・アクロス」というネットワークに話に行きました。実は、筆者は今そのOBOG組織の活性化プロジェクトに関わっていたからです。

クリエイティブ・アクロスのボードメンバー (左から)Dionさん、Baukeさん、Mackenzieさん

クリエイティブ・アクロスに、博報堂アイ・スタジオの実績と企画の話をしたところ、その場にいた全員が「Coooooool!」「なんとしても一緒にやりたい!!」とその場で即決。この反応を望月さんに返したところ、「やりましょう!」ということで、その日のうちにプロジェクトの始動が決定したわけです。

これは「越境」する際のポイントの1つでもあるのですが、この「スピード感」はめちゃくちゃ大事です。ということで、今後みなさんが「越境」する際には、できるだけ「では一旦、社に持ち帰って検討します」「上司に相談します」はナシにした方がいいです。「越境」プロジェクトの成否はスピードの比重もかなり大きいのです。

そして、ついでに「越境」プロジェクトをうまく進めるためのヒントがもう1つあるとすれば、「ソッコーでやめる」「サクッと変更する」ということでしょうか。ちょっと問題があるな、と思ったら、すぐに変更してみてください。これは海外のクリエイティブ周りで多いのですが、「ダメなものにはいつまでもこだわらず、どんどんいいものを追い求める」という姿勢が大事です。例えば、ヨーロッパでは、法律とか税金のルールとかコロコロ変わるんですが、こういう姿勢がもともとあるからだな、と感じています。

次ページ 「日本とオランダで共通の社会課題をクリエイティブで解決す」へ続く

Follow Us