キャンペーンでプリペイドカードを活用 企業と顧客双方にもたらされたメリット

share

ノートパソコンブランド「VAIO」を展開するVAIOは、ことしから「キャッシュバックキャンペーン」のキャッシュバック方法としてプリペイドカードを採用した。それにより、どんな“付加価値”が企業そして顧客にもたらされたのか。VAIO 執行役員である花里隆志氏と広報宣伝課 課長の椎木由美氏に聞いた。

VAIO 執行役員である花里隆志氏(右)と同 広報宣伝課 課長の椎木由美氏(左)。

プリペイドカードで実現した「VAIO」ならではの付加価値

「VAIO」ブランドのノートパソコンを製造・販売するVAIOは、2017年で3周年を迎えた。新規顧客やリピーターの獲得を目指し、昨年から新生活・夏・冬の商戦期に合わせ、指定期間内にノートパソコンを購入した人への特典としてキャッシュバックキャンペーンを行っている。ビジネスパーソンだけでなく、学生も視野に入れた施策だ。

ことしの新生活のタイミングに合わせて行った「新生活応援キャッシュバックキャンペーン」では、応募者全体の3割を学生が占め、新規顧客も大きく増加した。それまでの購入者層とは異なる層からの応募が多かったという。この成果に寄与した一つとして、キャッシュバックの方法を現金からプリペイドカードに変更したことが挙げられる。

現金の代わりにプリペイドカードを採用した背景として、VAIO広報宣伝課の椎木由美課長は、「現金でのキャッシュバックは、もちろんお客さまにとってメリットのあることですが、それに加えて『VAIOならではの付加価値を提供できないか』と悩み続けていました」と話す。

そんな折、三井住友カードの営業担当者から「三井住友VISAプリペイドカード」を使ったマーケティングの提案を受け、キャッシュバックキャンペーンの特典に活用することを思いついた。「我々が抱えていた課題にちょうどマッチしたんです」(椎木氏)

「三井住友VISA プリペイドカード」は、カード番号や有効期限の位置などの最低限の要件を除き、自由にデザインすることができる。これが「VAIOならではの付加価値」につながる。というのも、VAIO愛用者には、「VAIOというブランドが好き」「VAIO のデザインが好き」といった理由で購入している人が多い。プリペイドカードにVAIOブランドらしいデザインを施せば、特典分の金額を使い切っても再び入金し、使い続けられる。

「デザインはほぼ自由ということだったので、当社のデザイナーにいくつか案を出してもらい、そこから絞って決めました。プリペイドカードを使ったキャッシュバックキャンペーン第2弾として今夏実施した『VAIO3周年記念キャッシュバックキャンペーン』のデザインでは、カードの裏面に当社が『勝色』と呼ブランドカラーを使用するなど、細部にもこだわりました」(椎木氏)

次ページ 「購入履歴のデータの取得は今後のマーケティングの布石に」へ続く



お問い合わせ
三井住友カード株式会社 商品企画開発部 プリペイド担当
TEL:03-5470-7225(9:00〜17:30)
URL:https://www.smbc-card.com/camp/visagift/hojin.jsp

Follow Us