サーティワンが望む販促アイデアとは?/第10回販促コンペ

share

【前回の記事】「サンリオピューロランドが望む販促アイデアとは?/第10回販促コンペ」はこちら

6月5日午前10時まで企画募集中の「第10回販促コンペ」。このほど実施された課題協賛企業のオリエンテーションから、一部を編集部がピックアップ。ここでしか読めない、よりくわしい内容をお伝えしていきます。

今回はサーティワンが平成31年に行う、「31」にこだわった、来店客数を増やすための企画を求めるオリエンテーションです(第10回販促コンペの特設サイトはこちら

サーティワンで平成31年に行う「31」にまつわるプロモーション企画

    1ページ目

  • サーティワンにしかできない企画を募集
  • 2ページ目

  • 拡大中のアイスクリーム市場 ライバルはコンビニ
  • 3ページ目

  • オウンドメディア・キャンペーン・イベント施策について

「31」にこだわった企画を

来年は平成31年、しかも平成最後の年です。今回の販促コンペでは、「31」という数字にかんしてはゆずれないサーティワンで行うキャンペーン企画をお願いしたいと考えています。

目的は、サーティワンにわざわざ行きたくなる理由作りをしていただくことです。目標は、あまりサーティワンにご来店しなくなった層の来店を促し、客数増を実現することです。全国のサーティワンアイスクリーム1162店で実施する店頭キャンペーンを希望します。

企画の対象商品は、メイン商品であるコーンとカップになります。基本的にクーポン配布や値引きといった施策はNG。サーティワンアイスクリームらしく、お客さまはもちろん、スタッフも楽しめる、サーティワンにしかできない企画を募集します。

45周年のサーティワン。店内設置型の店舗が最多

サーティワンアイスクリームは、1945年にアメリカのカリフォルニアで生まれた、アイスクリームの専門店チェーンです。現在では世界52カ国・約7800店を展開しています。日本上陸は1973年。ことし45周年を迎えます。国外では「バスキンロビンス」と呼ばれており、これはバート・バスキンとアービン・ロビンスという、創業者2人の名前に由来するものです。日本の2018年3月現在の店舗数は1162店舗で、店舗の99.3%がフランチャイズ運営であり、直営店は0.8%と非常に少ない構成比になっています。

店舗の立地の構成は、店内設置型が74%と圧倒的に多く、約800店はイオンや、イトーヨーカドーをはじめとするショッピングセンター、駅ビル、量販店様などに店舗を構えています。次に多いのがロードサイド(郊外)型で18%、駅前立地などの商店街型が4%、渋谷や新宿などの繁華街が3%、そして遊園地などの特殊立地が1%になっています。

次に、サーティワンの店舗で販売している商品の構成比は、70%がアイスクリームをコーンやカップで提供する商品です。そのほか、サーティワンのフレーバーを活かしたアイスクリームケーキ、テイクアウト商品、サンデー、アイスクリームを使ったドリンクなどがあります。基本的にイートインがメインとなるショピングセンターの中の店舗が多いので、こうした構成になっていますが、繁華街型だけで見ると、さらに5%ほどコーンとカップの割合が上がります。先述したアイスクリームケーキ以外、すべてアイスクリームを店頭で丸めて提供する商品です。

フレーバーのバラエティが生命線

私たちが一番大切にしているのは、アイスクリームのフレーバーです。消費者の方々には「たくさんの中からフレーバーが選べるお店」と認識いただいていると思います。

サーティワンの店頭では常時32種類のフレーバーを用意しています。32種類は3つのカテゴリーに分けており、月ごとのオススメや新商品をご提供する「フレーバー・オブ・ザ・マンス」1種類、次に季節に合わせて10種類を3カ月ごとに変える「シーズンフレーバー」。そして定番商品・人気商品である「スタンダードフレーバー」の21種類です。おいしいだけではなく、見た目やバックストーリーも楽しんでいただける商品を販売しています。

サーティワンのネーミングには「お客さまに1カ月(31日間)、毎日違ったおいしさを発見し、楽しんでいただきたい」という創業者2人の思いが込められています。ケースの関係で32種類そろえていますが、これらのフレーバーの豊富さが私たちの生命線であり、最も重視しているものです。今回の課題については、このフレーバーの種類を存分に生かすことも考慮していただけるといいかもしれません。

次ページ 「アイスクリーム市場は拡大、サーティワンは2016年に届かず」へ続く

第10回販促コンペの特設サイトはこちら

Follow Us