カンヌライオンズ、全審査員発表。日本からは、SIX奥山雄太氏、電通 田辺俊彦氏らが参加。

share

6月17日から、フランス・カンヌで開催されるカンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル(以下 カンヌライオンズ)の全審査員が発表された。

本年度は審査員の48%が女性で、50カ国以上から参加する。サムソン、レゴ、アマゾン、アリババといった企業のほか、 Deloitte、IBM iX、McKinseyなどのコンサルタント会社、Akestam HolstやInnoceanからWieden + Kennedy、Cheil、M&C Saatchiなどのクリエイティブエージェンシー、 NetflixやMarvel Entertainmentからも審査員が選ばれている。

先日の発表に続き、日本からは下記のメンバーが審査員として参加する。

COMMUNICATIONトラック

・Film Lions jury
奥山雄太
(SIX クリエティブ・ディレクター)

Craftトラック

・Industry Craft Jury
Erick Rosa
(ビーコン・コミュニケーションズ チーフ クリエイティブオフィサー)

Experienceトラック

・Brand Experience & Activation Lions Jury
小布施典孝
(電通 クリエーティブディレクター)

Healthトラック

・Pharma Lions Jury
Adam Weiss
(CDM Tokyo マネージングディレクター/クリエーティブディレクター)

Reach トラック

・Direct Lions Jury
檀上真理奈
(電通 コピーライター)

・PR Lions Jury
立谷光太郎
(博報堂 顧問)

・Social & Influencer Lions Jury
田辺俊彦
(電通 クリエーティブディレクター)


【関連記事】
カンヌライオンズ、審査員を一部発表。日本からは佐々木康晴氏らが参加。

Follow Us