コラム

「広告」から「クリエイティビティ」へ【ACCプレミアムトーク】

「広告のフロンティア拡張は今」 保持壮太郎さん×マクドナルド「ヘーホンホヘホハイ」チーム座談会 -2018 ACC賞ブランデッド・コミュニケーション部門 Bカテ(プロモーション/アクティベーション) ブロンズ受賞作品

share

完璧すぎて次が大変

保持:映像も吉田大八監督が手がけていたりと、このアイデアに対してエグゼキューションの完成度も細部にいたるまで素晴らしいものがありました。それも印象に残っています。

元松:僕はテレビCMのプロデュースで参加したんですけど、CMの企画もヘーホンホヘホハイを男女が言い合っているというシンプルなものだったんです。

演出でジャンプさせられる要素をいろいろ考えたんですけど、とにかく名前が主役なので変にいじることはないだろうと。吉田大八さんを起用したのは、名前をどうやって伝播させるかというところで何かアイデアを一個足してくれそうな気がしたので。大八さんとのディスカッションのなかで、「ヘーホンホヘホハイと誰かが真似してしまう」のをCMのなかで表現するということが出てきて。

企画コンテには当初なかった、「おじさんがレジで真似してしまう」くだりは、演出で足されたんですよ。そこが大八さんの演出力で。

保持:絶妙ですね。やりすぎるとファンタジーになっちゃうところをほどよいリアリティの中で描いている。大八さん力ですよね。審査ってちょっと実際のキャンペーンの時期からタイムラグがあってから見直すことになるものなんですが、改めて振り返ってみるとどこかのピースがなくてもこうならなかったなと感じる。思いついたけど通らなかったとか、CMの局面というか細部を仕上げていく段階でワンミスあったり、いろんな縁やタイミングが合わなかったりして。

井上忠司さん(ビーコンコミュニケーションズ/Executive Creative Director, McDonald’s)

井上:やらないとか、やれないとか、だいたい出てくるじゃないですか。すると完全にはならない。

保持:そういうところもすごいよくできてるな。次からやりづらくなるぐらい、よくできていますよね。店員さんとの会話がひとつ生まれるじゃないですか。店の体験として。「お前ちょっと言いに行けよ」というお客さんの感じが目に浮かぶ。

井上:実際に目にしますね。

保持:理想としては描くけど、できないですよね。そういうのが全部詰まっているのは、かなり奇跡的。関わるみなさんが完璧に世に出したというのがすごいなあ。なかなか類例がないですよね。これを真似して上にのせるとかもないだろうし。

井上:この次にやったやつがあるんですよ……。次からはこれじゃないやつをやっていかないと、もう勝負がしづらい。

保持:ははは、偉大なる前作を超えるのは大変ですよね。これの次にやったキャンペーン、気になります。

井上:さあこれを今年ACCに出そう! いろんなひどいこと言われそう(笑)。

次ページ 「ハマらないけどおもしろい、「アイデアその他部門」」へ続く

「「広告」から「クリエイティビティ」へ【ACCプレミアムトーク】」バックナンバー

Follow Us