コラム

マーケティング・ジャーニー ~ビジネスの成長のためにマーケターにイノベーションを~

ホプキンスから始まった「これまでの広告はオワコン」!?広告の歴史を学ぶ その①

share

広告は昔からロックなビジネスだった?

フェルドウィック氏が27歳でBMPに入社したのは1974年。その当時のBMPは作りこんだテレビCMなどのクリエイティブが有名でクライアント企業のビジネスを跳ね上げる「ロンドンで最高にイケてるエージェンシー」と言われていたそうです。それはグローバルで言うところのクリエイティブブティックと呼ばれるようなワイデン+ケネディやマザーみたいな会社であり、日本で言えばGOとかCHOCOLATEのような新しいタイプのエージェンシーだったのでしょう。

というのも当時の社長は28歳で、30代以上のスタッフは創業者の他に2人くらいしかいなかったそうです。つまり、その頃から広告というのは「若い人たちのビジネス」だったということになります。そして彼らはまったく新しい形で広告を捉えることで成功した先駆者でした。

広告ビジネス自体は20世紀から本格的に始まった比較的歴史の浅い産業ではありますが、その当時、先人がいなかったわけではありません。しかしフェルドウィック氏は「これまでの広告ビジネスの伝統」を教えるような先人は会社にはいなかった、と述懐しています。そう考えると、当時のロックやパンクな音楽のように、広告はまるで楽器を手にした若者がいきなりバンドを始めるように、それまでの歴史や伝統などの過去はいっさい無視して、新しいやり方をするものだったのでしょうか。

次ページ 「「これまでの広告はオワコン」を96年前に始めたホプキンス」へ続く

Follow Us