コラム

コピーライター養成講座 講師・卒業生が語る ある若手広告人の日常

「義務教育になったらいいのに…」 コピーを学ぶアイドルのつぶやき

share

寄稿者一覧はこちら

【前回のコラム】「アイドル、コピーライター養成講座へ!?」はこちら

少人数クラスで念願の「金の鉛筆」をゲット!

今回の課題でいただいた金の鉛筆。

皆さまお久しぶりです。

古き良き時代から来ました、まじめなアイドル、まじめにアイドルー!ソロアイドルの、ゆっふぃーこと寺嶋由芙です。コピーライター養成講座、せっせと通っております。

6月24日、いよいよ少人数クラスの授業が始まりました。コピーライター養成講座は1クラスで100名以上の参加者がいるのですが、少人数クラスでは3つのグループに分かれて、個別指導に近い形でコピーを講評してもらいます。私が選んだクラスの講師は、渋谷三紀さん(電通/コピーライター)。事前に提出した「箱根駅伝のキャッチフレーズを考える」という課題に対して、1名ずつ丁寧に講評をいただきました。

私は箱根駅伝の大ファンで、毎年沿道に応援に行きます。母校の早稲田大学は上位入賞の常連ですし(しかし今年はまさかまさかでシードを逃すという…悔しかった…!)、私を応援してくれているヲタクの方が選手として出場された年もあり、箱根駅伝に関する思い出は尽きることがありません。そんな自身の経験を取り入れながら、とても楽しく課題に取り組むことができました。

しかし、受講生の方の中には「箱根駅伝にはあまり興味がないので、どう書いたらよいかわからなかった」、「関西出身なのであまり馴染みがなかった」など、私とは全く逆の立場の方も多数いることに気付きました。そして、そうした受講生の皆さんは、「わからないからこそ」という視点でコピーを書いていたのです。

例えば、箱根駅伝に関するデータを調べて、タスキの重さ(グラム数)を伝えるコピーを書いた方、選手の速度をヒントにコピーを書いた方。ひたすらに「箱根駅伝って感動しますよ!」という視点から書いた私のコピーとは全く異なる作品の数々に驚きました。

テーマに対して知識があることは、確かに有利に働くことも多いと思います。ですが、それが全てではないのだと気付いたことで、「もしや私も考え方を変えれば、もっとアイドルとして対応できる幅を広げられるのかも?」と希望を持つことができました。つまり、自分については自分が1番よく知っていて、だからこそ見落としているPRポイントがあるかもしれない。

これまで私は講座で学んだことをアイドルとしての自分のPRにぜひ活用したいとばかり思っていましたが、いま改めて自分に関する客観的なリサーチが必要だと強く感じています。

講義の最後には、この日のベスト10のコピーが発表されたのですが、なんと私のコピーも8位に選んでいただき、憧れの「金の鉛筆」をいただくことができました!アイドルとして評価をいただく時とはまた別の達成感がありました。しかも講義終了後、渋谷氏から受講生一人ひとりへのコメントをまとめた冊子までいただき、非常に励みになりました。

プロの現場さながらの実戦を通して見えてきたこと

その後、6月26日の講義では再び全体講義に戻り、新たに課題を提供してくださる企業の方(ヤッホーブルーイングさん)をお招きして、プロの広告制作の現場さながらに、商品に関するオリエンテーションを開催していただきました。今回の課題は、優秀作品に選ばれると、教室を飛び出して雑誌『ブレーン』にコピーが掲載されるという貴重な機会。

現在、私も頭を悩ませながら課題に取り組んでいるのですが、前述の箱根駅伝とは反対に、この課題は私にとって普段ほぼご縁のない商品、つまりビールがテーマなのです。少人数クラスでの“目から鱗”体験を思い出しながら、商品に対して経験がないからこその視点で、新たな魅力を見つけ出せるよう、もう少し推敲してみたいと思います。

つまるところ、「コピーを書く上では、初めて触れ合うものに対しても、なんとか好きなポイントを見つけることが必要だ」というのが今回の学びです。それってやっぱり人間関係にも通ずる教訓だな、と今回もまたコピーの奥深さを痛感しています。コピーライター養成講座、日本の義務教育のカリキュラムに組み込まれたらいいのにな…!

コピーを学び続けることで、世界の捉え方が根本的に変わっていくと思います。次回の体験記を書くまでに自分の視点がどう変化しているか、今から楽しみです!

寺嶋由芙

「古き良き時代から来ました。まじめなアイドル、まじめにアイドル。」
千葉県出身。早稲田大学文学部日本語日本文学コース専攻を卒業。中学・高校の国語の教員免許を取得。初代アイドルクイズ王。イベントMCやナレーター、アイドル情報サイト『Pop’n’Roll』の編集長、串カツ田中公式応援アイドル、そして地元千葉県木更津警察の一日署長なども務める。
大好きな「アイドル」そして「ゆるキャラ」を繋ぐ「ゆるドル」として活躍中。「ゆるキャラ®グランプリ」をはじめ、各種キャラクターイベントにMC、そして”ゆるキャラ通訳”として出演し、ゆるキャラ界で絶大な人気を誇る。
ソロ活動5周年を迎え、10thシングル『いい女をよろしく』を4/17にリリース!7/7には自身の生誕ライブを日テレらんらんホールにて開催する。
寺嶋由芙公式サイト:http://yufuterashima.com/
寺嶋由芙公式Twitterアカウント:https://twitter.com/yufu_0708

 


「コピーライター養成講座」
講師は一流のコピーライターが直接指導 プロを育てる実践型カリキュラム

いまでも多くの有名クリエイターを輩出している本講座。幾度かの改変を経て、内容を一新。コピーやCMといった、広告クリエイティブだけでなく、インタラクティブ領域のコミュニケーション、マーケティングやメディアクリエイティブなど、さまざまな視点からコミュニケーションを構築する能力を養い、次世代のクリエイターを育てます。

詳細はこちら

 

Follow Us