コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

バズる動画の秘密はキャプションにある 「令和初のバズ」くつざわが語る動画編集のコツ(ゲスト:くつざわ)【前編】

share

いつも動画に出ている男性は彼氏?

中村:さっき自己紹介の中で「鼻につく」と言ってたじゃないですか。確かに、それこそお持ち帰り付近の男女の攻防のようなテーマもよくあったりして、言われてみれば鼻につくのもあるかもしれないけど、それも意識的にやってるのかと思うと凄いなと。

くつざわ:あれは私が単純にものまねをしやすいんです。自分でサークルをやっていて面倒を見ないといけない側なので、そういう側に立ったことがなくて。面白いという目線で見れているので演技しやすいですし、だからこそネタにしやすいのかもしれないですね。

権八:めちゃめちゃ観察してますよ。めちゃめちゃ意地悪ですよ(笑)。いい意味で。

くつざわ:めちゃめちゃ意地悪なんですかね、そうかもしれないです。すぐネタにしちゃうから。

権八:こう言っちゃなんですけど、我々もそういうところあるんですよ。というか、そういうところしかないですよね。

澤本:人のことをからかってるからね。権八は今日、白いセーター着てて怪しいとかね。

くつざわ:白くて怪しいってどういうことですか(笑)?

澤本:いつも蛍光色ばかり着てるから。髪型も普段はもっと立ってたりして、最近おろしてるんだよね。そっちの方向がいけると今路線転換を図ってるの。

くつざわ:最近落ち着いてきたんですかね。何かあったのかな?

権八:なんで僕に攻撃してるんですか、おかしいでしょ(笑)。ゲストの話しましょうよ。早稲田か何かにできた、くつざわ同好会は?

くつざわ:あれは訳がわからないですね。私も何もわかってないです。早稲田は元から友達が多かったからか、気づいたら同好会がつくられていたという感じですね。

権八:いつも動画に出てくる男の子は彼氏なの?

くつざわ:じゃないです。あれは元からの知り合いというか。彼氏はまた別で、動画の声で出演しています。バズったきっかけの動画は彼氏が撮ってくれてました。

権八:面白い、そうなんだ。あとお兄ちゃんもね。お母さんも面白くて。

くつざわ:お兄ちゃんもなかなか破天荒です。お母さんも凄いですね。

中村:くつざわさんはどんな男性がタイプなんですか?

くつざわ:いきなり?ビックリしたー。

中村:強すぎてあまりにもよどみがなく。別の側面を見てみたいなと。

くつざわ:気が強い部分があるので、あまりイチャイチャこられるのが苦手なんですよ。「好き好きー」って言われても「わかったわかった」ってなっちゃうんですね。だからどちらかというと、私がバカみたいに話してるのを落ち着いて聞いてくれる方だったり。

今お付き合いしてる方が5歳上なんですけど、兄が7歳上なので、精神年齢も含めて相当上の方じゃないと一緒にいて私がつまらなくなっちゃうというのがあって。彼はマーケターなんですけど、お仕事の話のアドバイスなど、真面目な部分の話ができる方です。私がバカなことしても微笑んで、その場でふふんという感じで過ごしてくれる方が理想ですね。

澤本:確かにこれだけ語れる人だったら同年代だときついかもね。

中村:24、25歳の包容力があるマーケター。一体どんな奴なんだ(笑)。ここからはリスナーにも急速にバズるとどんなことが起きるのか、実録を聞かせてあげたいと思って。広告代理店など、ビジネスおじさんから結構連絡が来るの?

くつざわ:案件というやつですか(笑)。企業案件がポンポン来て、DMもGメールもそれでいきなり埋まりました。あと昔から知り合いだった大人の方がいきなり連絡してきたり、仕事の依頼が増えましたね。ありがたいんですけど。

澤本:どういう感じの仕事を依頼してくるの?

くつざわ:最初は取材が多かったです。あとは写真撮影だったり、書籍化の話だったり。PRをしてほしい、これに出演してほしい。最近はマーケティングどうこう言いはじめたので、この企業の新規事業のこのアプリのマーケティングポジションが足りないから一緒にやってほしいと。私のアカウントを使わずに能力だけを見てくれる方も増えてきて、ありがたいです。

次ページ 「マネージャーは一度も会ったことがないバンコク在住の男性」へ続く

Follow Us