グランプリは牛乳石鹸共進社「SkinLife for School」 第11回販促コンペ贈賞式を開催

share

「第11回 販促会議 企画コンペティション(販促コンペ)」のグランプリに、牛乳石鹸共進社の洗顔ブランド「SkinLife(スキンライフ)」の企画「SkinLife for School」が選ばれた。9月13日に東京都内で開かれた贈賞式で発表した。「販促コンペ」は、実在の商品やサービスのプロモーション企画を公募、表彰する賞。

写真右から二番めがグランプリを受賞したつみきの清水陽介氏。

企画者の清水陽介さんは、「『販促コンペ』には、ことし初めて企画を応募しました。ペン型の化粧品は、息子が一人で文房具で遊んでいたようすがヒントになりました。日常の至るところ、環境に企画のたねは転がっているもの。これからも販売促進、課題解決につながる企画を立てていきたい」と喜びを口にした。

グランプリに次ぐ「ゴールド」を受賞したのは、日本緑茶センターの「クレイジーソルト」の企画「Mr.コレイジ―」と、サンギの「アパガード」の企画「昼過ぎトリートメント」。

審査員賞の嶋氏による、「第11回販促コンペ」の総評は、次のとおり。

「グランプリの企画は教室でペンケースを広げたとき、必ず話題になる、と、特に女性の審査員の方々が話していました。誰が見ても人が動くさまを思い描けるということだと思います。最近、感じているのは、効率化や最適化のみで人を動かそうとする企画が散見されます。何かが便利だと感じることと、それが好きだということは異なる気持ちだと思います。合理的であることが必ずしも、人を動かすことだとは限りません。人を動かすには、クリエイティビティやチャーミングさが不可欠です。今回の販促コンペで選ばれたのは、そういった企画の数々でした」

「シルバー」(銀賞)は4本が入選した。課題を提示した企業と、企画名、企画者は次のとおり(協賛企業五十音順、敬称略)。

■グランプリ

牛乳石鹼共進社「SkinLife for School」/清水陽介

■ゴールド

・日本緑茶センター「Mr.コレイジ―」/五十嵐響介、井原誠明、長谷川慧、濵田愛子
・サンギ「昼過ぎトリートメント」/小林優介

■シルバー

・アリミノ「グレイカラープランニング」/嶋田悦子
・大関「ワンカップ大関横丁」/桑原倫子
・シーシーアイ「どこでもスマートビューONE」/近藤圭悟
・スリーエム「Take Free If You Can」/須藤拓之介、坂本俊太

審査講評や最終審査会などの詳細は月刊『販促会議』11月号(10月1日発売号)にて掲載いたします。どうぞご覧ください。

協賛企業賞の受賞企画はこちらから。

Follow Us