「上等じゃねぇか、逆境なんて」、木村拓哉が逆境に挑む覚悟を語る日産の新CM

share

日産自動車は2020年7月15日に新しいエンブレムとともに、これからの同ブランドを象徴する車「ARIYA」を発表。ブランドの世界同時リニューアルに合わせて、日本では木村拓哉さんをアンバサダーに起用し、新CM「やっちゃえNISSAN 幕開け」篇のオンエアを8月22日から開始した。

「平坦な道なんて、なかった。何度もつまづき、転びかけた」。CMは、木村さんのこんなモノローグから始まる。そして、木村さんはスカイライン、サファリ、フェアレディZなど日産を象徴する名車から最新のARIYAまでを乗り継ぎながら、逆境に挑む覚悟を語る。締めのキャッチフレーズは、「やっちゃえ NISSAN」。

 

「逆境の時代だからこそ、すごいものをつくってやろう。いまこそ見返してやろう。あっと驚かしてやろう。そんな『ものづくり』にかける現場の社員の皆さんの声が、『平坦な道なんてなかった』に始まり『上等じゃねぇか、逆境なんて』という決意に至るCMのナレーションになりました」と、本企画のECDを務めたTBWA \ HAKUHODO 細田高広氏。

「挑戦はやめておこう。遠出はやめておこう。目立つことも、角が立つことも、いまはとりあえず、やめておこう。そんな精神的自粛モードが続く今だからこそ『やっちゃえ』という言葉が強いメッセージ性を持つと信じています。

そしてなんといっても、語り手であり新アンバサダーでもある木村拓哉さん。長くカルチャーとエンターテインメントの先頭を走り続けている方です。逆境に挑む意味を、ここまで共感と説得力を持って語れるカッコいい大人はいま、他にいません。

元々、メインターゲットを日産社員の皆様と設定し、壮大なインターナルコミュニケーションとして企画したのですが、木村さんのおかげで、日本の隅々にまで響くものになったと自負しています」と、本企画の意図を語る。

8月24日からは、木村さんを起用したグラフィックでOOHの展開も開始している。

スタッフリスト

企画制作
TBWA\HAKUHODO + TYO
ECD
細田高広
CD
熊谷正晴
C
木村透、戸澤麻里子
PL
青木康純、高橋律仁
AD
徳野祐樹
D
小野ひかり、梶川祐太郎
CPR
井上音夢
PR
浜谷英輝、木村一貴
PM
久川きくこ、玉野潤
演出
北田一真
撮影
越後裕太
照明
坂田覚
CRD
塩沢慎吾、金丸瑞貴
美術
富田麻由美
ST
大久保篤志
HM
佐藤富太
CG
坂野満宏
MA
綾城重理人
編集(オフライン)
小林譲
編集(オンライン)
水野正毅
カラリスト
Ben Conkey
音楽
Erik Reiff/ Kenny Dallas
営業
稲積真介、池田絵里香、鈴木惇平

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

Follow Us