コラム

嶋野・尾上の『これからの知られ方(仮)』

第1回 広告は個人のものだった。

share

ぜひ感想やご意見をお寄せください!

嶋野:はい、ということで、今お話をしたとおり、この連載の目的は、「広告をもう一度個人のものにしていく」ということを念頭において、じゃあ具体的に、どんなやり方でやっていけばいいのかというのを何回かに分けて、お伝えしていきたいと思います。

今すでに個人で商売やビジネスを始めている方はもちろん、これからスタートさせようとしている一人ひとりのお手伝いになることを目指しております。

「今回、新しい取り組み、ということで、音声をベースに発信していきたいと思うんですが、ぜひ感想やご意見あれば遠慮なく、宣伝会議、もしくは私、尾上宛でもいただければと思います。

尾上:慣れていないんですが、温かい目で見守っていただければと思います。『しゃーねーな、サウンドロゴつくってやるよ』という人がいらっしゃったら、ぜひお寄せいただけたら、と思います。よろしければ、お願いします。

嶋野:サウンドロゴ以外に欲しい物ありますか。

尾上:いや、別にそんなもう、もし聞いていただけるんだったら、もうそれだけで。

嶋野:ですよね。

尾上:差し出がましいことを言ってしまいました。

嶋野:次回は、尾上さんのほうから、具体的な広告の技法による「これからの知られ方」のアイデアや、実際にもう今の時代に成功されている、個人のアイデアで「知られることに」に成功している事例の紹介をしていただく予定です。尾上さん、意気込み等があればよろしくお願いします。

尾上:はい、いろんな試みをされている方々がいる、というのを調べたり紹介させていただいたりしつつ、僕らもそこから学ぶというか。広告の技術を共有すると言いつつ、それ以上にすごいことをされている方々もいると思うので、学んだことから、こういうやり方があるかもしれませんね、というのを乗っけていったりとか、僕らなりの解釈を加えていったりとか、そういうことを考えております。

嶋野:はい、とっても楽しみにしております。では、私が、今回話しましたクリエーティブディレクター、PRディレクターの嶋野と、

尾上:尾上でした。

嶋野:また次回よろしくお願いします。

尾上:よろしくお願いします。


ご意見、ご感想の投稿先
『嶋野・尾上の「これからの知られ方」』へのお便りはこちら

Follow Us