コラム

クライアントとして、企画の殻を破る方法

avatar

川部篤史、都留由佳梨(アイセイ)


このコラムについて

パートナー企業やフリーランスの方々をはじめ、社外の力を借りながら事業課題に臨み、ビジネスを推進していく場面は、そう珍しくありません。 問題は、自分たちが提示した依頼内容に沿った、いわば予定調和の結果にとどまってしまうこと。もちろん、思いもよらぬ進化を遂げ、「殻を破った」成果を手にできることもあります。ただ、たいていは、「思ったとおりだけど、思っていたのと違う」といったジレンマに悶々としてしまうものです。 このコラムでは、外部パートナーと共に仕事を進めることの多い方々の参考となるべく、クライアントとして意図的に「殻を破った」結果を得るための考え方や取り組み方、進め方をご紹介していきます。

プロフィール

川部篤史(アイセイ 新規事業開発管掌 執行役員)
かわべ・あつし/EC・通販歴25年超。事業全体を俯瞰しつつ、複数社での実務経験に裏打ちされた、EC・通販事業での事業構築&製品マーケティング戦略立案・実行を得意とする。AI、オートメーションの活用や、中国越境ECも守備範囲。一般社団法人通販エキスパート協会認定スペシャリスト、ビジネスブレークスルー大学大学院経営管理修士(MBA)。


都留由佳梨(アイセイ 営業部 兼 広報準備プロジェクト)
つる・ゆかり/新卒でアパレル会社の店舗スタッフとして経験を積み、2019年にアイセイへ入社。現在は、商品や企画の提案などをメインに担当。対外広報として、リリース作成などでも活動している。