コラム

「紙」編集者の逆襲

avatar

箕輪 厚介(編集者)

1985年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、沖縄県の瀬底ビーチリゾートに内定するも入社前に倒産。就職浪人を経て双葉社に入社。ギャルファッション誌『エッジ・スタイル』の広告営業として、商品開発やイベントなど幅広く仕掛ける。2013年にはネオヒルズ族とのタイアップ企画『ネオヒルズ・ジャパン』を創刊。発売日に与沢翼が書類送検されるも即完売。Amazon総合ランキングで1位を獲得。2014年から編集部に異動。『サッカー批評』の副編集長をやりながら、『たった一人の熱狂』見城徹、『逆転の仕事論』堀江貴文(共にAmazonビジネス書ランキング1位)などを手掛け、2015年に幻冬舎に入社。


このコラムについて

このコラムを書くにあたって、アドタイの担当の方から、「『紙』編集者の逆襲」という仮タイトルをいただきました。しかしながら、僕は編集者になって2年足らず。なんなら紙よりスマホを見ている時間のほうが長い。紙への愛着不足で、逆襲するにはあまりに役不足。しかしながら、スタバでMacでWeb編集者を名乗っているようなヤツには、当然いい感情は持っていない。そのような人が実際にいるのか分からないのですが、その架空の「おしゃれWeb編集者」に向けて反撃を開始しようと思います。

広告系の求人情報 宣伝会議キャリアナビ
マーケティング資料ダウンロードサービス
マーケティング・コミュニケーションパートナー一覧