コラム

企画ビジネス温故知新!『日本の企画者たち・番外編』

avatar

岡田 芳郎(おかだ よしろう)

1934年、東京・小石川に生れる。早稲田大学政経学部卒業後、1956年に電通入社。営業企画局次長、コーポレートアイデンティティ室長などを経て電通総研常任監査役を務め98年に退職。大阪万博「笑いのパビリオン」企画、「ゼロックス・ナレッジイン」はじめ数々の都市イベントをプロデュース。電通のCIビジネスへの取組みにリーダーとして、アサヒビール、NTT、JR、東京電力をはじめ数多くのプロジェクトを推進した。また、企業メセナ協議会の創設に尽力した。

宣伝会議より『日本の企画者たち ~広告、メディア、コンテンツビジネスの礎を築いた人々~』(2016年3月30日発売)を刊行。


このコラムについて

歴史に名を残すほどに活躍したクリエイター、企業家、ジャーナリストたちが、何を考え、どう企画したのか。モノがなく混迷を極める時代、ネットもなく生活も貧しかった時代を企画で打破した日本人がいます。そのような、総勢93人の企画者が登場する『日本の企画者たち』(宣伝会議刊)。本書の著者である岡田芳郎氏が、書籍に掲載しなかった企画者たちや、新たに書き下ろした偉人たちの企画列伝を紹介します。

広告系の求人情報 宣伝会議キャリアナビ
マーケティング資料ダウンロードサービス
マーケティング・コミュニケーションパートナー一覧