コラム

“裏取りのプロ”テレビリサーチャーが語る『ファクト・フルネス』と『コンプライアンス』

avatar

高橋直子(テレビリサーチャー/明治学院大学国際学部付属研究所 研究員)

1972年、秋田県生まれ。國學院大學文学部を卒業後、1998年からテレビリサーチャーとして、テレビ番組制作に関わる。また、2007年から同大大学院文学研究科でメディアと宗教をテーマに研究し、博士課程後期修了。博士(宗教学)。近著に『オカルト番組はなぜ消えたのか 超能力からスピリチュアルまでのメディア分析』(青弓社)、『テレビリサーチャーという仕事』(同)。共著に『バラエティ化する宗教』(同)、『神道はどこへいくか』(ぺりかん社)など。


このコラムについて

バラエティやドラマなどジャンルを問わず、様々なテレビ番組の事前調査を行う「テレビリサーチャー」の高橋直子氏が、SNSが普及し、“一億層メディア”ともいうべき時代にあらゆる発信者が留意すべき「ファクト・フルネス」と「コンプライアンス」について語ります。例えば、あなたがビジネスパーソンで、自社のオウンドメディアの運営を任されたとしましょう。1本の記事を配信。しかし、裏取りが不十分だったため、意図せずフェイクニュースを流してしまった。もしくは、悪意なく差別・不快語を記事の中で用いてしまったがために、炎上する事態に……。そうしたケースは今や、対岸の火事ではありません。そこで、裏取りのプロ・、テレビリサーチャーの経験を持つ高橋氏の本コラムが活きます。「ファクト・フルネス」と「コンプライアンス」の重要性の再確認、さらにどのようにしてその2つを徹底させられるか、学んでいきたいと思います。