ウェビナー動画

share

「コロナによって売上が減少した、顧客が離反した」という構図は、果たして本当でしょうか。

2020年、コロナ禍により消費者ニーズ、パーセプションの前提自体が変化している可能性がある中、これまでと同じブランド戦略や施策を続けてよいのか、疑問に感じる方も少なくないはずです。

ソーシャルプレッシャーにより消費者の本音が届きにくい今、適切な消費者理解はどうあるべきか。国内最大規模のWeb行動ログデータを独自保有し分析支援するヴァリューズと、クー・マーケティング・カンパニー代表取締役の音部氏が意見を交わします。

動画について

動画名 CMOが抑えるべき消費者・ユーザー理解の核心
企業名 ヴァリューズ
動画ターゲット 事業会社でマーケティング実務を担う方
お問合せ先 MAIL:marketing@valuesccg.com
URL:https://www.valuesccg.com/
注意事項 アドブロックが有効になっていると閲覧いただけません。アドブロックの解除を行ってからご視聴ください。
お申し込みいただいたブラウザからのみ視聴が有効となります。
違うブラウザから動画を視聴する場合は、再度視聴するブラウザからお申し込みをお願いします。

Follow Us