コラム

PRガール

正しい努力は、楽しい努力。

share

「努力というのは、眠らない事じゃない、
苦しいことじゃない。我慢する事じゃない。
全力を傾けること。」

このつぶやき、
みるみるうちにふぁぼられ、
リツイートされていきました。

弊社取締役Kさんが会議の時に
「睡眠はしっかりとらなきゃ。
睡眠時間を削るっていうのは
努力することとは違うから」と
言った時に思いついた言葉。

努力=辛いことではないのだという気づき。

社会人になるまでの私にとって仕事で「努力する」とは
睡眠時間や遊びの時間を削って
とにかく仕事だけをしているイメージ。

24時間という持ち時間は同じなのだから、
その分多く仕事をしている人が
結果を出して当然じゃないかと。

犠牲を払わず結果だけ望むなんて
そんな都合よくいくはずない。
辛いことを我慢して、乗り越えてこそ
その先の景色が見られるんだ、
そんな風に思っていました。

だけど、Kさんの言葉を受けて
改めて「努力」という言葉を
辞書やウェブで調べてみると

  • 心をこめて事にあたること、
  • 好ましい状態を実現するため、全力を傾けること、

と書いてありました。
どこにも「苦しいこと」とは書いていない。

前の会社でも、
仕事の出来る人は一様に
プライベートも充実しているように思えたし、
人生を楽しんでいました。

そんな良い環境の中で、
「とはいえ若いうちは、修行期間」という
ひとりよがりな思い込みがなかなか解けず、
コピーの宿題を抱えながら過ごす休日は
どこか落ち着かず、罪悪感でいっぱい。
小心者の私は、うまくバランスがとれていませんでした。

そういえば、尊敬する作家さんに
「書き続けるの、辛くないですか?」と聞いたとき、
「いや、楽しいよ。楽しいから書いてるんだよ」
という答えが返ってきて、
辛いなんて言っている時点で、
失格だと反省したことがあります。

大変と思いながら働いている人は、
楽しいと思いながら働いている人に
絶対叶わない。

エイベックスの松浦社長のブログのタイトル、
「仕事が遊びで遊びが仕事」
この状態をつくれた人が、勝つんだろうな。
正しい努力というのは
きっととても楽しいことなんだと思います。

最近の私は、ちょっと上向きになってきました。
楽とか暇なわけではなく、忙しくても楽しいから、いい感じ。

だけど、きっと、
もっともっと楽しくできるはず。
究極のワークライフブレンドを目指して
今週も、試行錯誤しています。

伊藤春香「PRガール」バックナンバー

Follow Us