コラム

広告、月へ行く。〜宇宙は、もう未来じゃない。

月を使う?それって…

share

前回のコラム「月は誰のもの?」

こんにちは、ドリル細川直哉です。「広告、月へ行く。」コラムの第2回目です。

今日は、ポカリスエットの史上初月面到達飲料にチャレンジする「LUNAR DREAM CAPSULE PROJECT」を発表した後の世の中の反応と、それによるブランドへの影響のお話をしたいと思います。

言い換えると、民間企業が月をマーケティング活用することによるメリットと課題、的なお話です。

5月15日に一斉にテレビ、新聞、WEBなどのメディアで取り上げられ大量にPR露出することに成功したこのプロジェクトですが。

その発表と同時に、SNSやメディアでいろんな「意見」があふれました。

論調は2つ。好意的な反応と、ネガティブな反応です。
いくつかピックアップすると、、、、

好意的な反応

at0711-1

「夢」と「民間発」の2つの文脈で共感している人が多いことがわかります。

また、ポカリスエットブランドに対しても好意的だったり、いいイメージに変わったという声が垣間見えて、ブランドにいい影響を与えている感じがします。

次ページ 「ネガティブな反応」へ続く

Follow Us