2016年にモバイルが新聞を上回る ピュブリシス子会社予測

share

広告世界大手ピュブリシス・グループ傘下のメディアエージェンシー、ゼニス・オプティメディア(ロンドン)は14日、「2016年にモバイル広告費が新聞を上回る」とする世界の広告費予測を発表した。モバイルは15年比38%増の710億ドルに伸長する一方、新聞は同比4%減の680億ドルとなる見通し。

「モバイルテクノロジーは世界中で、急速に暮らしのあり方を変えており、すべてのビジネスモデルを破壊しようとしている。我々は、広告史上最速で主要メディアの座が奪われるさまを目撃しているのではないか」——ゼニス・オプティメディア・ワールドワイドのスティーブ・キングCEO
(写真提供:Shutterstock.com)

同予測では、2015年は初めて、パソコン向け広告費の構成比が下がる年になりそうだ。モバイル広告費の構成比が増す結果、パソコン向けの構成比が2014年の19.4%から2015年は0.4ポイント減の19.4%に下落する。パソコンとモバイルを合わせたオンライン広告全体の構成比では、2018年にテレビを超える見込みだという。

2015年の広告費全体の予測は5540億ドルで、成長率を6月の前回予測から0.2ポイント引き下げ、4.0%増とした。ブラジルやロシア、中国の景気不安を反映させた。2016年はリオ五輪や米大統領選などを好材料に、成長率5.0%と予想した。


「ゼニス・オプティメディア」に関連する記事はこちら

Follow Us