コラム

#石井リナのゆとりですがなにか

どのような「フォトスポット」にすれば、若者がSNS投稿するのか

share

イベント前後でも仕掛けを

例えば、イベントの招待状などを凝ったデザインのものにすれば、SNSに投稿される見込みがあります。また、イベント後の拡散を考えた場合には、お土産を用意することも有効です。

右は、「OLDNAVY(オールドネイビー)」というアパレルブランドの事例ですが、人ぞれぞれのイメージに合わせ、クラッチバックをその場でペイントして作成し、お土産としてプレゼントしてくれました。人それぞれ違うというポイントに面白みがあり、ユーザーにとってはシェアする理由になります。

SNS投稿したくなるようなデジタル施策

現在、私が所属しているSnSnapでも、リアルイベントにおけるデジタルプロモーションを提供しています。自分がSNSに投稿した写真をその場でプリントアウトし、チェキのように、写真としてもらえるサービスで、お土産代わりにもなると同時に、SNS投稿を促進させるツールにもなります。

それ以外にも、GIF形式の動画アプリ「PHHHOTO」など、リアルイベントにおけるデジタル体験は、より進化し、増え続けています。このGIF動画は、自分のアドレスに送信されてくるため、そのままSNSに投稿するユーザーも多くいます。

以下は、「コーチェラ」と呼ばれる、巨大ミュージックフェスティバルで導入された、3D撮影されたGIF動画です。このように目新しいもの、珍しい仕掛けのデジタルコンテンツであれば、その場所でしか撮影ができないため、SNSに投稿される可能性も高いでしょう。

✌?❤️?@taylor_hill @josephineskriver #revolvefestival #projectseptember

Project Septemberさん(@projectseptember)が投稿した動画 –

今まででご紹介したものは、お金をはじめとするリソースが割かれているリアルイベントだと思います。自社の場合、どの部分なら取り入れられるのか、取捨選択してみてはいかがでしょうか。ぜひ参考にしてみてください。

Follow Us