コラム

椎木里佳の「JCJKの生態と欲望」研究所

女子中高生はラジオに「本音」を送り、Twitterに「気分」を投稿する

share

今年1月から静岡放送でスタートした、私がパーソナリティーを務める「#椎木里佳パイセンの放課後ラジオ」も3/11の放送で10回目を迎えました。

「ラジオの概念を変える」を目標にスタートした、女子中高生向けのラジオ放送ですが、3カ月やってきて、見えてきたことがあります。

始める前は、周りの10代の子たちは「ラジオはいままで聞いたことない」といった声もありましたが、実際にスタートするとradikoのプレミアム会員で、時間や場所の制約なく聴いてくれているリスナーも多く、いままではリアルタイムでしか聞けなかったラジオがタイムフリーやエリアフリー機能によって、より身近な存在になっているのだと感じました。

ラジオは、メディアの特性なのか、制約が少なく好きなことを発信できるメディアだとも思います。既存のメディアとして一番近いのはYouTubeでしょうか。

パーソナリティーの個性が出て、共感が広がっていく。古いものだと思われがちですが、ラジオは今の時代に合ったメディアなのだと実感しています。

次ページ 「お悩み相談は、SNS時代もメールが主流? メールは「匿名性のある」連絡手段」へ続く

Follow Us