コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

『湯を沸かすほどの熱い愛』中野監督に聞く 「映画学校の3年間が人生の分岐点」(ゲスト:中野量太さん)【前編】

share

【前回コラム】「好みのタイプは「ロールキャベツ男子」?男性にキュンとなる瞬間を大告白!(ゲスト:武田玲奈さん)【後編】」はこちら

ゲストは数々の映画賞を受賞している『湯を沸かすほどの熱い愛』の監督・中野量太さん。澤本さん大絶賛の映画は、どのようにつくられたのか?

今回の登場人物紹介

左から、中村洋基(すぐおわレギュラーゲスト)、澤本嘉光(すぐおわパーソナリティ)、中野量太、権八成裕(すぐおわパーソナリティ)。

※本記事は1月14日放送分の内容をダイジェスト収録したものです。

澤本さんイチオシの映画『湯を沸かすほどの熱い愛』

中村:今夜も豪華なゲストをお迎えしております。全国公開中の映画『湯を沸かすほどの熱い愛』の・・・。

澤本:本当に素晴らしい。

中村:澤本さんが「今年一じゃないか」というほどプッシュしています。『湯を沸かすほどの熱い愛』の監督、中野量太さんをお迎えしております。よろしくお願いします。

中野:よろしくお願いします。

澤本:本当に素敵な映画でした。

中村:ずっと放送のたびに言ってましたもんね。

澤本:あんなに脚本がちゃんとしてる映画も最近なかなかないぐらいちゃんとしていて。

中野:オリジナルで時間をかけて書き上げた脚本なので、そこは色々とこだわりがあってつくりました。

澤本:どれぐらいかかるものですか?

中野:プロットを書きはじめてから完成稿までに1年ぐらいです。ずっと書いてるわけじゃないですけど、詰まりながら悩んで書きあげるのに1年ぐらいだったと思います。

中村:中野さんには毎回ゲストの方にお願いしている20秒自己紹介をお願いできればと思います。この「すぐおわ」は広告の番組ということで、ご自身の自己紹介をラジオCMの尺20秒に合わせてやってくださいという無茶振り企画でございます。大丈夫ですか?

中野:ちょっとわからないです(笑)。やってみます。

中村:では、どうぞ!

中野:映画監督の中野量太です。現在、商業デビュー作『湯を沸かすほどの熱い愛』が絶賛上映中です。熱い熱い愛の物語です。想像もできないラストが待っています。みなさん、お見逃しなく。よろしくお願いします。(5秒前)あ、まだ時間ありますね(笑)。見てください!

中村:第41回報知映画賞で邦画作品賞、監督も新人賞、さらに主演女優賞、助演女優賞を獲って。すごいですね。

澤本:つまり、宮沢りえさんと杉咲花ちゃんが獲ったと。

中野:獲りました。やっぱり作品賞がうれしいですね。今年は日本映画の当たり年と言われていたので、作品賞は本当にうれしかったです。

中村:監督はできたときに「これはいけるぞ」みたいな実感はありましたか?

中野:そこは難しいですね。もちろん、いけたかなとは思うんですけど、不安で不安でしょうがなくて。公開して、みなさんの声が聞こえてきて、「あ、いけたかな」とわかるぐらいで、ずっと怖かったです。

中村:澤本さんはめちゃくちゃラブなので、思いが残ってる場面も。僕もあるんですよ。

澤本:いっぱいあります。何よりも役者さんが全員うまい。うまく見えると言っちゃうとおかしいけど、本当にうまいんですよ。杉咲花さんは天才だね。

中野:じつは彼女だけ当て書きなんです。会ったことはなかったんですけど、TV越しに見ていて、なんて感度の高い子なんだろうとずっと思っていて。ぜひ彼女とやりたいと思って、彼女を想像して当て書きをしました。

次ページ 「中野さんにとって『湯を沸かすほどの熱い愛』は「重い喜劇」」へ続く

Follow Us