「パナソニック宣伝100年の軌跡」(11)技術の先にある、未来を描く—BtoBソリューション・デバイスの広告篇

share

【前回記事】「「パナソニック宣伝100年の軌跡」(10)多様な切り口で商品を引き立てる — 情報通信の広告篇」はこちら

pana_logo

2018年に創業100周年を迎える、パナソニック流の宣伝に迫る対談。第11回は「BtoBソリューション・デバイスの広告篇」です。住宅や自動車、流通小売など法人向け(BtoB)の分野で様々なソリューションを提供しているパナソニック。対企業に訴える広告は、どのようなアプローチで生み出されてきたのでしょうか。

今回は、日本産業広告賞の審査委員長であり、広告論が専門の早稲田大学 嶋村和恵教授と、パナソニックのBtoB広告に携わられた元大広のクリエイティブディレクター・井上実さんの対談です。

左)嶋村和恵さん 右)井上 実さん

専門性の高い技術をインパクトのある表現で

—嶋村先生は広告賞の審査で数多くのBtoB広告をご覧になられていますが、パナソニックの広告の特徴をどのようにとらえていますか。

嶋村和恵(早稲田大学商学学術院教授)
広告論を研究領域とする。1996年より日刊工業新聞社が主宰する日本産業広告賞の審査委員を務め、2008年より審査委員長に就任した。

嶋村:広告のテーマをあらゆる方向から持ってくる、表現の守備範囲の広さがあります。

一般的にBtoB広告は、事業が専門特化している企業の場合、特に表現の幅が限られてしまいがちです。でもパナソニックの広告は、意表をついた表現があって「やられた!」と思うことが少なくありません。どうやってテーマを決めているのか気になりますね。

井上:宣伝部門の方は、時代や世相を映し出すテーマを大事にされていました。いまの時代にパナソニックは何ができるのか、から議論が始まって旬なテーマを探していきます。総合メーカーとして様々な技術があるのは大きな強みで、その中からこれからの社会に貢献できるものは何かを考え、広告につなげるわけです。

嶋村:驚きのある表現に落とし込むまでには時間もかかることと思います。

01. 1993年 新聞 3次元測定機

井上:3次元測定機の新聞広告は、企画が固まるまで時間がかかりました。3次元測定というのは、超微細な加工に不可欠な技術なのですが、単に測定機の特徴を表すだけなら「○○ミクロンまで測定できます」でいい。でも技術のすごさを伝えるには、それではあまりに物足りない。そこで新聞紙に刷られたインクを3次元測定機で測ると、0.023ミリの厚みも、まるで巨大な山脈に見えるという表現にして、技術のすごさを伝えようとしました。その山脈のビジュアルを探すのが私たちの仕事ですが、これが大変。

巨大な山脈といえば、アルプスなどがすぐに思い浮かびますが、そんなものですんなりOKをもらえないのがパナソニック。「インパクトが足りない」「見たこともないようなものを!」と言われて。ただし表現を探すのは、私たちのような広告会社だけでなく、宣伝部門の皆さんも一緒なんです。そこは公平なんですよ。結局、ギアナ高地のロライマ山の写真を見つけて、やっとのことでメインビジュアルが決まりました。

02. 2016年 新聞 スペースプレーヤー

嶋村:審査をしていると、新聞広告の新しい活用法を提案するような、広告メディア自体を盛り上げる表現にも目を奪われます。

パナソニックは印刷媒体ならではの特性を生かした広告もつくっていて、新聞紙を揺らすと「隠れた細菌」が見えてくる細菌カウンタの広告や、新聞を透かすと文字が浮かび上がってくる、光を用いた技術を訴求するシリーズ広告も印象に残っています。2017年に日刊工業新聞広告大賞を受賞した広告は、無電化の村の子どもたちが直面している課題とその解決策が示されていました。有害な煙の出るランプのもとで勉強する子どもの様子を描いた紙面を折り曲げると、視覚的にソリューションが理解できるような仕掛けでした。

井上:本来パナソニックにおけるBtoB広告の役割は、電子部品や生産技術などの情報をストレートに伝えることにあったと思います。

性能やスペックが明示されていれば技術者に伝わるので、時代性や共感なんていらないのが普通です。ところが取引先が広がっていくにつれ、広告表現もよりBtoCに近づいていったと思います。顧客は技術者にとどまらなくなり、生産管理部門や経営戦略部門、経営者のこともある。そうした流れの中で、BtoBtoCの最終消費者であるコンシューマーの未来を描くような広告も多く出て来ているのでしょう。

03. 2017年 新聞 ソーラーランタン10万台プロジェクト

嶋村:BtoB広告を出稿する狙いには、取引先となり得る企業からの信頼を得るだけでなく、リクルート対策という側面もありますね。BtoB企業は、残念ながら学生の知名度が低く、世界的に有名でいい事業をしていても新卒採用がしにくいケースがあります。

パナソニックの場合は認知度がすでに高い企業ですが、こうした広告は、BtoB事業について学生が知る機会になるでしょうし、働いている社員の方のモチベーションアップにもつながるはずです。BtoB広告は、人気タレントを起用するBtoC広告のような派手さはありません。でも、エモーショナルに訴えかける広告もあって、アイデアで勝負している。それが明快で潔いと思いますし、論理性がありながら情緒に訴えるのは、BtoB広告ならではの面白さだと思います。

井上 実(クリエイティブディレクター)
1974年大広に入社。以降パナソニックなどの広告制作に携わり、日本産業広告賞の大賞など受賞。2009年に退職。

井上:アイデアを出すにはまず、訴求する専門性の高い商品や技術について熟知しなければなりませんが、当時の制作スタッフは文系が多く「これは何でしょう?」というものばかり。勉強してブレーンストーミングをして、やっと表現を考え始めるわけです。

嶋村:理系ではない人が広告をつくるからこそ、技術者にとっては当たり前と思っていることにも気がついて、表現の幅が広がっているのかもしれませんよ。

井上:そうですね。表現のヒントを得るために、パナソニックの技術担当者に話を聞きに行くのですが、理解できないことが出てくると「言い換えたらどうなります?」とたずねるんです。そうすると「やっぱりわかりにくいか」と言いながら、「例えばタワシがね…」とか、わかりやすく話してもらったものです。「例えば作戦」はいい方法でした。

04. 1995年 新聞 X線骨密度測定技術

嶋村:比喩を使うとか、昔話になぞらえるとか、いろいろと方法はありますね。「あなたの骨は、70歳に見えます。」のコピーで、骨格がハイヒールを履いている広告も取材をしながら出てきたアイデアですか?

井上:これは取材時に事業部の開発室で、人間の骨格を見つけたことがきっかけで生まれました。X線骨密度測定技術の広告で、実用例として骨密度をかかとで瞬時に測ることができる測定機を紹介したものです。高齢化が各方面から語り出された時代でした。ビジュアルにインパクトが出せたのでこの企画は一発OKでしたね。

次ページ 「日本のBtoB広告をけん引していくために」へ続く

Follow Us