「格闘技イベント×全身3Dスキャナー」で、憧れの選手と疑似対戦

share

2月6日、格闘技イベント「野良犬祭2」実施に向けた、記者発表会が行われた。
同イベントは“野良犬”の異名でカリスマとなった、元キックボクサー・小林聡氏がプロデュースする「世界の立ち技格闘技の祭典」で3月31日に新宿での開催が予定されている。

本イベントに3Dデジタル関連技術で企業の支援を行う、デジネル・代表取締役の原雄司氏がコミッショナーとして参画していることから、発表会の場で世界初・格闘技イベントへの全身3Dスキャナー導入の試みも発表された。

その試みとは被写体となる選手の姿を全身3Dスキャナーで測定・撮影し、3Dデータに合成。撮影された画像は他の3D画像と立体的に組み合わせることが可能なため、「野良犬祭2」のイベントではあらかじめ撮影された選手のデータと、来場者の画像を合成し、3Dデータを作成する予定。来場者は憧れの選手と技を掛け合うデータを制作することができるという。

またイベント当日には米3Dシステムズとのタイアップにより、3Dフィギュアの受注販売も検討しているとのこと。

原雄司氏は「これまで3Dデータの生成に際しては、工業用のボディスキャナーや一眼レフのカメラを用いていたことから、スキャナー自体に数千万~1億円ほどのコストが必要だった。今回、使用した3Dスキャナー「SUPER LIGHT 3D PHOTO BOOTH」を使えば、100万円台へのコストダウンと処理速度UPが実現する。3Dデータの映像化に関しても、現在検討を進めている」とし、「スポーツの分野など、あらゆる場所での3Dデジタル技術の活用にチャレンジしていきたい」と話した。

Follow Us