顧客のデジタルシフトに対応 マーケティングとクリエイティブを再考する ―「インターネット・マーケティングフォーラム名古屋2018」レポート

share

AI時代、古いマーケティングOSでは生き残れない―成長企業に学ぶインテリジェントマーケティング

登壇者:セールスフォース・ドットコムシニアビジネスコンサルタント/エバンジェリスト 熊村 剛輔氏

熊村 剛輔氏

消費者がデジタルツールを使いこなすようになった近年、時代はデジタルマーケティングからインテリジェントマーケティングへと移行しています。

インテリジェントマーケティングを実現するためには社内の運用体制を効率化し、マーケティングオートメーションやエンドユーザーのデータ理解が必要です。

最良な顧客体験の創出で、事業成果に転換し別ブランドでノウハウの水平展開をしていくことも重要なポイントのひとつ。食材宅配ネットスーパーの「Oisix」ではアプリやメール、LINEなど各チャネルに見合ったシナリオ構築をしています。

マーケターは企画に専念し、しっかりとしたカスタマージャーニーを構築することが大切です。顧客体験を可視化し、顧客との最適なタイミング、チャネルによるコミュニケーションを図ることで、顧客体験の価値を高められるのです。最近では、レコメンデーションや顧客のスコアリング、分析といった細かな仕事をAIに任せ、顧客の反応を予測できるようになっています。

Follow Us