上半期に15〜24歳で最も流行ったのは「タピオカ」 下半期も流行続く予想

share

LINEは、同社のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」上で全国の15~24歳の男女を対象に、四半期ごとに「最近流行っているコト・モノ・ヒト」「2019年下半期に流行りそうだと思うもの」についてアンケート調査(自由記述形式)を実施している。調査は上半期では3月と6月の2回実施しており、2019年上半期の調査の結果が発表になった。

2019年上半期の調査では、3月、6月ともに「タピオカ」が1位という結果になった。「タピオカ」という回答は3カ月間で約3.4倍の19.3%となり、ブームが過熱していることがわかる。

また3月、6月ともに「Instagram」「Tik Tok」が2位と3位にランクイン。3月時点では3位だった「Tik Tok」が、6月には0.1%の差ではあるあるが「Instagram」を抜いて1位となった。

「2019年下半期(7月~12月)に流行りそうだと思うもの」について聞いた設問では、1位が「タピオカ」、2位が「東京オリンピック」で、3位は同率で「ポケットモンスター/ポケモンGO」と「日向坂46」がランクインした。「タピオカ」は上半期に続き1位となり、8.2%となった。

Follow Us