スリーボンド「ロスをチャンスに!接着剤の可能性で、未来を創る動画を募集」/BOVA2021

share

ブレーンが主催するオンライン動画のコンテスト「BOVA2021」では、2021年2月3日まで作品を募集中しています。プロ・アマ問わず、協賛企業が出題した課題への自主制作作品を対象とする「一般公募部門」では11月6日、協賛企業からのオリエンテーションを実施しました。ここでは、そのダイジェストを紹介します。今回は、【スリーボンド】の課題についてです。

スリーボンド
「くっつくことで、よりよい未来になる。」ことを伝える動画

“ロス”の発見が社会貢献につながった

今回の動画のお題は、「くっつくことで、よりよい未来になる」です。

産業用の接着剤を扱う当社はいわば、産業界の黒子。ですが接着剤の限りない可能性を信じています。1+1=2でも、1+接着剤=無限大。接着剤のチカラで社会貢献を行い、より良い未来を創りたい。動画の力で生活者の皆さんにこの思いを届けたいと思っています。

スリーボンドが創業したのは60年前のこと。ある日、創業者が路上に漏れた自動車のエンジンオイルを見て、「このような漏れを防げば資源の節約になり、日本経済の復興に大いに貢献できるだろう」と考えたことがはじまりです。

そして、最初に世に出た製品が液状ガスケット『スリーボンド1号』でした。なお、ガスケットとは、エンジンケースの継ぎ目などに挟み込んで圧着し、隙間を塞ぐと同時に、液体漏れや外部からの異物の進入を防ぐものです。

そして、事業は拡大し、現在当社のプロダクトは主に次の4つの市場にわたっています。

①輸送市場
自動車のエンジンオイルパンや、オイルポンプのオイルシールなどに使う接着剤。

②電気・電子市場
スマートフォンのタッチパネルモジュールの液晶パネルやタッチパネルの張り合わせなど。

③工材公共市場
都市ガスの配管ネジ部のシールなど。

④オートアフターマーケット(自動車の売買、整備、メンテナンスをはじめ自動車を取り巻く環境・インフラ)
ボディーやガラス、タイヤホイールなどのカーエクステリア部、シートや室内空間などのカーインテリア部、そして燃料系統などのカーエンジン部。

どれも社会に必要不可欠なものばかりです。

新たなニーズを発掘し、新たなチャレンジへ。

スリーボンドは、「貴重なエネルギーの漏れを未然に防ぎたい」という想いで創業しました。産業技術の発展とともに、日々、予想も及ばぬ新たな「エネルギーのロス」や不具合が生じています。スリーボンドはこのロスをチャレンジの機会と捉え、お客様のニーズに応えながら新たなチャンスに結びつけていきます。

動画のターゲットは就職活動中の大学生、イベントの一般参加者、小学生のお子さんのいる一般家庭などを想定しています。また、動画の再生時間は3分程度でお願いします。

動画の使用目的は、リクルーティングと認知度アップです。BtoB企業ではありますが、“産業界の縁の下の力持ち”として社会貢献を行っている企業だと知ってほしいと思っています。

動画を使用する場所は、当社主催の各種イベント、および公式YouTubeチャンネルを想定しています。また、就職活動の学生向けリクルーティング動画としても使用する予定です。

制作にあたっての注意点は、動画のラストカットにスリーボンドの企業ロゴと「一滴のこころで未来をつくる」というコピーを挿入してください。

また、ご希望に応じて、本社や研究所にて撮影いただくことも可能です。詳細は、BOVA運営事務局(bova@sendenkaigi.com)までお問い合わせください。

(左から)スリーボンド本社、研究所。

それでは、みなさんからのご応募をお待ちしています。

スリーボンドの募集内容の詳細はこちら
BOVA2021一般公募部門の詳細・ご応募はこちら

Follow Us