最高賞はHitachi、mä&më Latte 「Japan Branding Awards 2020」の結果が発表に

share

インターブランドジャパンは12月16日、「ブランディング」活動を評価するアワード「Japan Branding Awards」の2020年度の受賞ブランドを発表した。

同アワードの開催は今年で3回目。優れたブランディングの活動を実行している組織(企業・団体、事業、サービス、製品)を評価し、その活動内容を紹介、社会に広く共有することで、ブランド戦略を展開する企業・団体のさらなる成長の支援を目的としている。

ブランドの提供価値やその活動の重要性を組織全体が理解した上で、一体となって活動していくことがブランド確立の要諦であり、ひいては中長期的なビジネス成長につながるとの考えのもと、同アワードではブランド構築に関係する組織内の多様な活動が有機的に結びつき、効果を生み出すことに貢献しているかを複合的に分析・評価している。

分析・評価の結果、アワードの最高賞であり、受賞ブランドの中で総合的に、特に優れた取り組みに贈られる「Best of the Best」には、Hitachi(日立製作所)とmä&më Latte(クラシエホームプロダクツ)*が選出された。

*mä&më Latteについては、こちらの記事 でも公開中。

その他の顕彰された取り組みは以下のとおり。

【受賞ブランド】

≪Best of the Best(受賞ブランドの中で総合的に、特に優れた取り組み)≫
・Hitachi (日立製作所)
・mä & më Latte (クラシエホームプロダクツ)

≪Winners(応募ブランドの中で優れた取り組み)≫
・DAIKIN(ダイキン工業)
・kikkoman(キッコーマン)
・こだわり酒場のレモンサワー (サントリースピリッツ)
・TBS (TBSホールディングス)
・Yamaha (ヤマハ)

≪Rising Stars(ブランディングを通じて著しい成長を収め、卓越したオリジナリティのある取り組み)≫
・KIRIN naturals(キリンビバレッジ)
・WORKMAN Plus (ワークマン)

Follow Us