オフラインデータとオンラインデータは統合できる オプトが提案するポストクッキー時代のマーケティング手法

share

データ活用は、これからの売上への“投資”であり、顧客体験を高めるために行う

より適切で顧客にとって心地の良いマーケティング活動を行うために、デジタル広告の運用やそこにおけるデータ活用が大事であることは、多くのマーケティング担当者が実感していることだが、なかなかうまくいかないケースもある。社内でマーケティング活動の共通理解を得られない中では、新たな施策を実行しようとしても予算配分の壁に阻まれてしまい、思うように活動ができない。

そのような課題もオプトと乗り越えていきたい、と大谷氏。
デジタル広告出稿後にお預かりした各種データをオンラインのマーケティング施策にしか活かせないと、企業に対するファンづくりや顧客満足度を高めるためのマーケティング活動がしきれず、経営全体においては費用対効果があわないように見られてしまう。デジタルの施策が実際の成約といった売上にまで貢献していることがわかれば、デジタル広告は企業にとって重要な投資であると認識されるようになる。
「デジタルマーケティングでは、デジタル広告の運用に目が行きがちですが、大変なのは広告運用したその後、どのようにデータを活用し、顧客体験を高めるかです。
しかし社内では、オンラインデータが企業の全体最適にどのように関わってくるのかが理解されていないと感じることが多々あります。
私が常々思っているのは、デジタルマーケティング、とりわけデータ活用は、これからの売上への“投資”だということ。
社内でも『デジタルマーケティングが欠かせない』と思ってもらえるような成功事例づくりを、今後もオプトさんと続けていきたいです」(大谷氏)。

一方オプトの信澤氏は、デジタル広告にとどまらない支援をしていきたいとレオパレスとの今後の展望を話す。
「レオパレスさんのKGIはデジタル広告の運用最適化を目指すことではなく、デジタル広告から集客し、心地よいマーケティング活動を通じて成約まで結びつけることです。相談を受けたときから現在も、パートナーとして目標達成のために伴走しています。しかし、何か施策を実行しようとしても、今もっているデータを活用すれば、どんな価値を顧客に提供できるのか、何から始めればよいのかなど、マーケティングに対する理解が社内で行われていなければ進みませんよね。私たちは、広告運用や、データの扱い方に関する基礎の部分の情報からしっかりとサポートします。レオパレスさんとも、デジタル広告の運用にとどまらず、その先を見据えたデータ活用というところに目を向け今後も共に走っていきたいです。」(信澤氏)。

生活者のプライバシーを考慮しつつ、データと向き合う必要がある昨今、オンライン上のデータだけではなく、オフラインで取得したファーストパーティーデータも重要になる。
データを活用し、顧客に心地よいマーケティング活動を提供していく上で、オンラインデータとオフラインデータを統合して活用できるONE’s Dataは、ポストクッキー時代のデータ活用ツールとして大きな役割を果たす、とオプトの両氏は話した。

ONE’sDataはGoogle Cloud PlatformのBigQueryを最大活用した、データ活用プラットフォーム。WEBやアプリでのユーザー行動を独自で開発したタグや各社計測パートナーと連携して計測可能にするとともに、各社の所有するデータプラットフォームや基幹システムのデーターベースと接合し、企業が保持する1st Party Data(ファーストパーティデータ/企業が自社で蓄積したユーザーデータのこと)のサイロ化を解決するという。広告プラットフォーマーのサーバーサイドAPIに広く対応しており、蓄積、分析、施策活用まで一元管理できる。

生活者のプライバシーを考慮しつつ、データと向き合う必要がある昨今、オンライン上のデータだけではなく、オフラインで取得したファーストパーティーデータも重要になる。
データを活用し、顧客に心地よいマーケティング活動を提供していく上で、オンラインデータとオフラインデータを統合して活用できるONE’s Dataは、ポストクッキー時代のデータ活用ツールとして大きな役割を果たす、とオプトの両氏は話した。
 



お問い合わせ
株式会社オプト

お問い合わせ・本事例の詳細に関しては、こちらよりご確認ください。

Follow Us