コラム

監督はCMの夢をみる

CMディレクター・なかじましんや氏の新コラム、10月3日スタート

share

日清食品カップヌードル「hungry?」やサントリー「燃焼系アミノ式」、「伊右衛門」、リクルートAirPAY「オダギリ・ジョー」/ AirWORK「松本人志・山田孝之」シリーズをはじめ、多くのヒットCMに携わってきたCMディレクター・なかじましんや(中島信也)氏による連載コラム「監督はCMの夢をみる」が10月3日にスタートします。

広告制作の現場に飛び込んではや40年。広告業界との不思議な縁から、15秒、30秒にかけるCMディレクターの仕事、映像表現の進歩とクリエイティブの変化、メディア環境の激変とテレビCMのこれから……。

スマホ時代、お茶の間に話題を提供し続けてきたCMはどこへ向かうのか。筆者のこれまでの歩みを振り返りつつ、CMの未来について考えます。

連載は毎週月曜日(祝日の際は火曜日)掲載です。どうぞご期待ください。

なかじましんや(CMディレクター)

1959年福岡県生まれ。1982年武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業後、東北新社入社。83年CMディレクターとしてデビュー。主な仕事に、日清食品カップヌードル、ホンダステップワゴン、サントリーDAKARA / 燃焼系アミノ式 / 伊右衛門、リクルートAirPAY/AirWORK、積水ハウス 企業CMなど。「カンヌ国際広告祭(現カンヌライオンズ)」グランプリ、「米IBA」最高賞など受賞多数。
一方で東北新社の取締役、専務、副社長、社長を歴任したのち、2022年6月に退任。現職は顧問/エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクター。東北新社のクリエイティブユニット「OND°(オンド)」に所属し、CMディレクターとして活躍中。現在は東北新社グループ以外の制作会社の案件も受けられる体制を整えている。
後進の育成にも力を入れており、宣伝会議のコピーライター養成講座やCMプランニング講座等で講師を務めている。東京ADC会員、武蔵野美術大学客員教授。

 

Follow Us