コラム

パーソナライゼーション時代-メディア企業のマーケティング戦略

avatar

森井理博(PwCコンサルティング マネージング ディレクター /事業構想大学院大学 特任教授)

データベースをフルに活用した「バックキャスト・マーケティング」という新たなマーケティング方法論を提唱。1989年電通入社。マーケティング局で戦略プランニング、営業統括局でCS放送局の立ち上げ並びに中国プロジェクト(在任中に「アジアビジネススクール」修了)を担当後、世界最大の外資FMCG企業のアカウント責任者。2014年あきんどスシロー入社、取締役・執行役員 マーケティング本部長。2016年Peach Aviation 執行役員 データドリブン・マーケティング本部長。2018年9月より現職、事業構想大学院のマーケティング担当・特任教授も兼務。


このコラムについて

いまマーケティングの世界では「パーソナライゼーション」が花盛りだ。世の中がパーソナライゼーションを求めるには、その理由がある。マスへのアプローチを事業の根幹としてきた放送局、新聞社や出版社などの伝統的メディアが、ある種のアンチテーゼであるこの流れの中でどのようなマーケティング戦略をとるべきなのか。欧米での先行事例分析から見えてきた日本のメディア企業のあるべき未来像やそこに向かうための方法論を示唆する。

広告系の求人情報 宣伝会議キャリアナビ
マーケティング資料ダウンロードサービス
マーケティング・コミュニケーションパートナー一覧