コラム

汐留で使われているO2Oの教科書

avatar

吉羽 一高(電通デジタル・ビジネス局 アート・ディレクター)

電通デジタル・ビジネス局メディア企画部、アート・ディレクター。
SEMやYou Tubeのメディア価値測定など新しい価値尺度の算出やテレビと組み合わせたリッチメディア広告の立ち上げなどを経て、現在は、Google、Facebook、Twitterなどのプラットフォームを活用したコミュニケーション設計・プロダクト開発、iPhone/Android向けのアプリケーション制作担当。また、テレビ・新聞・雑誌などのメディアとインターネットのクロスメディア戦略やサービス開発なども手がける。


このコラムについて

注目のビジネスキーワード1位に挙げられる” O2O (Onile to Offline) "。マーケティング、広告の分野でも大きな注目を集めています。 概念的な要素が強いトレンドワードとしての" O2O "を過去の歴史、未来の形までを見据えながら体系的に理解することで、 " O2O "の領域で直接的にビジネス展開されている企業とそれらの" O2O サービス"を利用する実務関係者に具体的なアクションを生み出すキッカケを提示して行きたいと思います。 概念の解釈とともに、具体的なサービスをマーケティング&テクノロジーの両面で解説して行きます。

広告系の求人情報 宣伝会議キャリアナビ
マーケティング資料ダウンロードサービス
マーケティング・コミュニケーションパートナー一覧