コラム

トップランナーと考える“私的”YouTube考

avatar

YouTube Works Awards Japan 2022 審査員


このコラムについて

生活者のメディア接触行動の変化に対応し、企業のマーケティング活動の実践も大きく変化をしています。マーケティングの最前線で活躍するマーケター、クリエイター、プランナーの皆さんは、その変化を一生活者としてどう体感し、仕事に生かしているのでしょうか。
特に注目されるのが、世界の生活者に新たなコンテンツ体験を提供し、ブランドと生活者をつなぐ新たな場を提供する、各種プラットフォームの活用です。本コラムでは動画コミュニケーションにスポットを当て、Googleが主催するYouTubeで高い効果を獲得した動画広告を表彰する「YouTube Works Awards Japan 2022」の審査員の皆さんと、これからのブランドコミュニケーションについて考えていきます。

動画配信サービスウェビナー動画一覧
マーケティング資料ダウンロードサービス
マーケティング・コミュニケーションパートナー一覧
マーケターがキャッチアップすべき様々なデータを掲載。提案に役立つ調査資料を掲載するデータライブラリ