コラム

右脳と左脳の間のほじって食うとこ

ボツ稿と、何か他のことをやろう、の間

share

こんにちは。中村です。
前々回、原稿落としました。
はい。割と普通に軽やかに、ふわっ、と落としてしまいました。

ぼくが原稿を落としたことなど、世の誰も気づかないだろうと思っていたら
ぼくの大ファンの一人である、PARTYの営業・田中(アラブ人似)が
「そういや原稿見ないんですが、落としましたよね?」と言ってきて、目頭が熱くなった。
吉田栄作ばりに「うぉおおおおおーーー!」と、崖に向かって叫びたくなった。
ああ、世の中には気にしている人(アラブ人)もいるんだな、と。

 
ひとりじゃないんだ。

 
ありがとう、田中。
さようなら、田中。

そして、すべての田中たちに。
おめでとう。

 

さて。

なぜ、原稿を落としたか?

新しいことに挑戦しようとして失敗した
のである。

具体的には、こちらをみてほしい。
これが、ボツ稿である。

「コーヒーショップへ、よ・う・こ・そ!」

 
聡明な諸兄は、最後まで読んでくれたことと思う。

 
そして、気づいただろう。

 
これ、アドタイと全く関係ない、ということが。

 
はい、終始一貫して、関係ありません。

次ページ 「ぼくがこの企画でやりたかったことは」へ続く

Follow Us