東急エージェンシーがDDBグループのTribal Worldwideと新ユニット設立、デジタルビジネスの拡大図る

share

左からDDB Asia バイスチェアマン デビッド・タン氏、TAG TRIBAL 市川俊也氏、Tribal Worldwide Asiaプレジデント ジェフ・チョン氏、TAG TRIBAL 植村啓一氏。

左からDDB Asia バイスチェアマン デビッド・タン氏、TAG TRIBAL 市川俊也氏、Tribal Worldwide Asiaプレジデント ジェフ・チョン氏、TAG TRIBAL 植村啓一氏。

東急エージェンシーはDDB Worldwide Communications GroupのTribal Worldwideと業務提携し、新たなイノベーションユニット「TAG TRIBAL(タグ トライバル)」を設立した。

メンバーは、東急エージェンシー社内よりユニットリーダーに市川俊也氏が立ち、Tribal Worldwide Asia代表ジェフ・チョン氏がCo-leaderとなる。エグゼクティブクリエイティブディレクターとして植村啓一氏を迎え、ほか東急エージェンシー内のスタッフ、Tribal Worldwideのシンガポールスタッフの全10名体制で立ち上げた。

Co-leaderのジェフ・チョン氏は2008年にTBWAでシンガポール航空のビジネスを獲得後、DDB Singaporeの新しいデジタルサービス再生の任務を受け、当時4名で構成されていたTribal DDB Singaporeのスタッフを5年間で120名に増員させた実績を持つ。

東急エージェンシーとDDBは2003年にも業務提携を行っており、今回のユニット立ち上げは2回目の協業となる。TAG TRIBALを通じて、東急エージェンシーはデジタル領域のナレッジをTribal Worldwideのシンガポールオフィスから習得し、DDBはTAG TRIBALとの相互連携で日本国内のクライアント開拓を強化する狙い。

TAG TRIBALでは日本国内でのクライアントサポート業務を当面行うが、広告コミュニケーション領域に捉われない、デジタル、アート、動画、コンテンツ、商品開発などを手掛けていく予定だ。9月には東急エージェンシー内にTAG TRIBALのオフィスがオープンする。

Follow Us