コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

22歳シンガーソングライター、キャッチコピーは「今、一番生まれる時代を間違えた女」(ゲスト:カネコアヤノさん)【前編】

share

音楽は大学で周りの友達がやっていて何となく・・・

カネコ:大学に入って2年生ぐらいになってから。

澤本:どうやってはじめたの? サークルに入ったの?

カネコ:入ってなかったんですけど、できた友達がみんな音楽やってたから「やってみよっかな」みたいな。結構そんな感じで。

澤本:高校のときは?

カネコ:高校のときはライブに行ってるだけで特に何もしてなかった(笑)。

権八:ライブはどういったミュージシャンのライブですか?

カネコ:新宿、下北沢などで、インディーズの人達が好きで、小さいライブハウスにいっぱい行ってたんですよ。だから見るのはめっちゃ好きだったんですけど、自分でやるのは考えてなくて。でも大学入ったらみんなやってたから、いいなと(笑)。

澤本:いいなと思って、友達に「私もやりたい」って言ったの?

カネコ:いえ、こっそりつくってたんですけど、友達から「つくってるならちょっと聞かせてみてよ」と言われて、「えー・・・やだよー」みたいな(笑)。

権八:モジモジしながら。

カネコ:モジモジしながら聞かせたら、いろいろはじまっちゃった。

権八:ごく普通のかわいらしい女の子のトークなんですけど、歌詞が素晴らしいんですよ。

澤本:歌詞が素晴らしいと言ったところで、中村洋基くんが来ました。

中村:遅れてすみません!

権八:遅刻の理由がうんこ漏らしてるからじゃないかって話に。

中村:違います、すみません!司会進行が遅れました。どうも、ようこそ「すぐおわ」に(笑)。

権八:遅いよ(笑)。カネコさんはいわゆる普通の大学ですか? それとも音楽系の?

カネコ:普通の大学です。文学をやってる人がいれば、経済学の人もいればみたいな。

澤本:どこですか?

カネコ:和光大学です。

澤本:じゃあ、そこでバンドを急に結成したってこと?

カネコ:最初から1人だったんですよ。バンドがやりたかったんですけど、いないからずっとやってなくて。だからあきらめてたんだけど、1人でやることになっちゃった(笑)。

権八:友達に聞かせて「一緒にバンドやろうよ」みたいな空気になったんじゃなくて?

カネコ:じゃなくて、最初に聞かせた子が私の今のマネージャーの幼馴染というか、小さい頃からずっと知り合いで。「大学の女の子が音楽やってるんだよね」ってその人に聞かせたら「最高!」となって、キティエンターテインメントに入っちゃったみたいな。

澤本:すごい流れですね。

カネコ:だから本当に気づいたらやってたんです。

権八:あららら。これ、なかなかデビューできないミュージシャンの方が聞いたら「この野郎!」と思うぐらいの。

カネコ:殴られる(笑)。

権八:殴られはしないけど、トントン拍子中のトントン拍子できちゃったと。すごいね。

澤本:ギターは昔からやってたの?

次ページ 「キャッチコピーは「今、一番生まれる時代を間違えた女」」へ続く

Follow Us