コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

『SMAP×SMAP』最終回で流れたアノCMの裏話を公開!(ゲスト:武田玲奈さん)【前編】

share

3.11を中学2年生のときに福島で体験

武田:『Re:ゼロから始める異世界生活』という題名なんですけど、普通に生活していた子が突然、異世界に行っちゃうというお話で、その中で魔法や攻撃があって。主人公が男の子なんですけど、その男の子が死んでも生き返るみたいなお話です。

澤本:それはTVでやってるの?

武田:前やってましたね。もう終わっちゃいましたけど。

澤本:そういうのって夜やってるじゃないですか。深夜のアニメ系は見てるんですか?

武田:見てます。

澤本:何時ぐらいに寝てるの?

武田:リアルタイムでは見てなくて、録画で。

澤本:昔からアニメ好きなんですか?

武田:好きですね。小6ぐらいから。

澤本:もともとハマったきっかけは何だったの?

武田:『けいおん!』です。

澤本:そのへんは少しわかる(笑)。

中村:『魔法少女まどか☆マギカ』とか?

武田:あー、マドマギもありましたね。

中村:その頃が13歳ぐらいじゃない? 震災のときだもんね。あ、そうだ、武田玲奈さんは福島出身なんですよね。だから、結構大変だったんじゃないですか?

武田:そうですね。当時は色々大変でしたね。

中村:だって、3.11のときが13歳でしょ。

澤本:中学校のとき?

武田:中2ぐらいです。

澤本:地震のときはどこにいたんですか?

武田:家にいました。

澤本:どうだった?

武田:ちょうど卒業式で、早く家に帰れて、お母さんと2人だったので、1人じゃなかっただけよかったとは思ったんですけど。

澤本:結構揺れた、やっぱり?

武田:揺れました。怖かったです。

澤本:福島でも浜通りのほうですか?

武田:浜通りのほうなんですけど、海はそんなに近くないので、津波は大丈夫だったんですけど、揺れはすごかったですね。

澤本:福島というと、それで人生変わったという人がいっぱいいるじゃないですか。自分はそれによって何か変わったというのはありますか?

武田:変わったこと・・・地震があって、ちょっとして、埼玉におばあちゃん家があるので、埼玉に自主避難したんですよ。それで埼玉で1カ月ぐらい過ごして、こっちの便利さもわかって、東京っていいなとそこで思ってしまい。

澤本:この世界に入るきっかけに。

権八:僕の印象ですけど、ご自身がアニメやマンガ好きというのもあって、二次元の中の人みたいな印象があるんですよ。

澤本:人形っぽいですよね。

武田:そうですか?

権八:かわいいってことを一生懸命言ってるんですけど(笑)、ご自身は生身のリアルな人間にも興味あります?

次ページ 「映画『咲-Saki-』に出演し、麻雀を覚えて・・・」へ続く

Follow Us