コラム

小霜和也の「迷えるデジタルシフト難民のお悩み相談室」

デジタルシフト相談室「広告主の皆さんのお悩みに答えます」編

share

Q:テレビを見ない人をターゲットにWeb広告を出稿したいと思っています。ただ、デジタルの海は広すぎて、なかなか効果的な方法がわかりません。広告代理店からの提案も、知識がないため、いいのか判断ができずにいます。

 

小霜:それはWebでリーチ補完をしたいということですね。ターゲットがわからないので何とも言えませんが、メディアもさることながら配信時間帯も気にすべきです。スマホしか持ってない人には通勤時間帯よりも、休日の日中などの方が広告効果は高く出るようです。

あと、ほとんどの人はまだWebとテレビの両方を観ていることを忘れてはいけません。テレビとWebってつながってます。テレビの話題をWebで知る場合、Webを通じてテレビを観ていることになるわけで。だからか多くの人はWebCMで商品を知ってもテレビで知ったと思い込んじゃうんです。

リーチ補完の場合、Webの評価データは非常に低く出てしまうことを知っておくとよいと思います。

 

Webを通じてテレビ(コンテンツ)を観るという経験、確かに自分も思い当たります。
お次は、予算に関するお悩みを2つご紹介いたします。

 

Q:100万円のWebCMで1億円のテレビCMと同じ効果を出すにはどうすればいいでしょうか。

 

小霜:魔方陣で悪魔を呼び出して取引するとかでしょうか。

Q:2千万円の予算でWebCMを制作・運用できますか?

 

小霜:どこまでリーチを広げたいかによりますが、できなくはないですよ。正直、もう1千万円予算があるとずいぶん違うんですがねえ。さらに1千万円あるとタレントさんが使えるようになってきます。あと商品によっては、動画だけでなく静止画バナーのリターゲティングなどとも組み合わせるべきです。やり方は僕の新著の第3章を参考にしてください。

100万円で1億円の効果・・・そんな夢物語はないということですね!本書の第3章では「ブランドの大きさからデジタルの使い方を考える」と題して、色々なノウハウを公開していますので、ぜひ参考にされてみてくださいね。

続けてまいりましょう。デジタル広告には特に欠かせない効果測定、PDCA、そして効果的なリサーチ方法についての質問です。

次ページ 「効果測定はしているものの」へ続く

Follow Us