コラム

アンバサダー視点のススメ

カルビーには「お客様の声」に耳を傾ける企業精神が根付いている

share

これからのファン作りのためのサイト最適化

藤崎:今後の「じゃがり校」の活動の可能性や課題について教えてください。

松井:現在感じている課題は、サイトの告知方法やファン層などを、いま以上に幅を広げていくことです。

「じゃがり校」は冬の「受験」でしか入学できない上に、クローズドなサイトです。なので、一歩間違うと一般の方の目に触れることのないマニアックな存在になってしまう可能性があります。そこで、今よりも認知を高めていきたいのです。そのためには従来からのパッケージでの告知だけでなく、もっと気軽にアクセスできるSNSなどもさらに活用していきたいと思っています。

藤崎:募集期間が12月から2月だけということは、その時期を逃すと1年間見送りになってしまいますものね。

松井:「興味を持った時には、もう募集期間が終わっていて受験できませんでした」というお声をいただくことも多いんです。ですから募集開始時には、パッケージ以外の場所でも積極的に告知して、もっと多くの方に知ってもらう努力をしたいです。中でも、「じゃがりこ」のメーンターゲットとなる女子高生含め、若年層のファンに入学を募るという意味ではSNSは有効だと思います。

藤崎:若い方はSNSを自在に使いこなしますものね。

松井:若い方を中心に、スマートフォンでの利用者が増えている状況があります。これらのユーザーのアクティビティを上げていくために、サイト自体もスマホ最適化をさらに進めていきたいです。

現在でもスマホで見られるのですが、「じゃがり校」はもともとPCでじっくり見るタイプのコンテンツですから、スマホでのアクティビティと考えると一つひとつのコンテンツとしては少し重いんです。特に若い方は説明が最小限でも感覚的に操作できますので、アクセス性やユーザビリティを向上させていきたいと考えています。

藤崎:松井さんは「じゃがり校」では保健体育の先生だそうですが、役職としての目標や課題は何ですか?

※松井氏は「じゃがり校」では「保健体育」を担当している。

松井:実は国語や英語は定期的な授業があるんですが、体育は常設の授業がないんです。もし可能であれば今後は「じゃがりこエクササイズ」や「マラソン大会」のような、体育のコンテンツをつくれればいいなと思っています。

藤崎:ぜひお願いします。期待しています。

次ページ 「お客様相談室は、お客様とカルビーをつなぐ窓口。」へ続く

Follow Us