コラム

NYから解説!日本企業のグローバルブランディング

オバマ前米大統領のスピーチに学ぶ リモート時代のトップメッセージ

share

■5月16日に行われたGraduate Together 2020でのオバマ前大統領のスピーチ全文

Hi, everybody. Aniyah, thank you for that beautiful introduction. I could not be prouder of everything you’ve done in your time with the Obama Foundation. And of course, I couldn’t be prouder of all of you and be graduating class of 2020, as well as the teachers and the coaches and most of all, the parents and families who guided you all the way.

皆さん、こんにちは。アニヤ、素敵な紹介をどうもありがとう。オバマ財団でのあなたの活動全てを誇りに思います。そしてもちろん、2020年卒業の皆さん、そして先生、コーチ、そして何よりその道へと導いてくれたご両親とご家族を誇りに思います。

Now, graduating is a big achievement under any circumstances. Some of you had to overcome serious obstacles along the way, whether it was an illness or a parent losing a job, we’re living in a neighborhood where people too often count you out. Along with the usual challenges of growing up, all of you have had to deal with the added pressures of social media, reports of school shootings, and the specter of climate change. And then, just as you’re about to celebrate having made it through, just as you’ve been looking forward to proms and senior nights, graduation ceremonies, and let’s face it, a whole bunch of parties, the world was turned upside down by global pandemic. And as much as I’m sure you love your parents, I’ll bet the big stuck at home with him playing board games or watching Tiger King on TV is not exactly how you envisioned the last few months of your senior year.

卒業することは、どの様な状況下においても大きな成果です。病気だったり、親が職を失ったり、住んでいる近所の人からしばしば除外されたりと、途中で深刻な障害を乗り越えなければならない人もいたでしょう。大人になるという通常の課題に加えて、あなたは皆、ソーシャルメディア、学校での銃撃の報告、気候変動の恐ろしさなど、さらなるプレッシャーに対処しなければなりませんでした。そして、あなたが成し遂げたことを祝おうとしているその時、あなたがプロムやシニア・ナイト、卒業式、そして、率直にいって、たくさんのパーティを楽しみにしているのと同じように世界は世界的なパンデミックによってひっくり返されています。そして、あなたがご両親を愛していると確信していますが、彼らと一緒に家に篭り、ボードゲームをしたり、テレビでタイガーキングを観たりすることは、あなたの思い描いたシニア・イヤー最後の数か月とはまったく違うと思います。

Now, I’ll be honest with you, the disappointments of missing, a live graduation, those will pass pretty quick. I don’t remember much of my own high school graduation. I know that not having to sit there and listen to a commencement speaker isn’t all that bad. Mine usually go on way too long. Also, not that many people look great in those caps, especially if you have big ears like me. You’ll have plenty of time to catch up with your friends once the immediate public health crisis is over. But what remains true is that your graduation marks your passage into adulthood. The time when you begin to take charge of your own life. It’s when you get to decide what’s important to you, the kind of career you want to pursue, who you want to build a family with, the values you want to live by. And given the current state of the world, that may be kind of scary.

正直に言いましょう、卒業式を逃したことの失望、それはすぐ忘れ去ります。私も自身の高校卒業のことはあまり覚えていません。そこに座って卒業式のスピーチを聞く必要がないことはそれほど悪いことではないと知っています。私のは通常とんでもなく長く続きますから。また、多くの人はあの(卒業式の)帽子が似合うわけではありません、私のように大きな耳を持っている方は特に。それに、公衆衛生上の危機が終われば、友人と会う時間は十分あるのです。しかし、現実として残っていることは、あなたの卒業はあなたの成人期への道、つまりあなたが自分自身の人生を担い始める時を示しているということです。それはあなたにとって何が重要であるか、あなたが追求したいキャリアの種類、あなたが共に家族を築きたい人、あなたが生きたいと思う価値観を決めるときです。そして、世界の現状を考えると、それはちょっと怖いかもしれません。

If you planned on going away for college, getting dropped off at campus in the fall, that’s no longer a given. If you were planning to work while going to school, finding that first job is going to be tough. Even families that are relatively well off, they’re dealing with massive uncertainty. Those who were struggling before, they’re hanging on by a thread. All of which means that you’re going to have to grow up faster than some generations.

もしあなたが大学に進学することにしていて、秋にはキャンパスに通うつもりでいたのであれば、それはもはや当たり前のことではありません。学校に通いながら仕事をするつもりなら、最初の仕事を見つけるのは難しくなるでしょう。比較的裕福な家族でさえ、大きな不確実性を対処しています。以前から苦労していた人たちは、危機に瀕しています。つまり、他の世代より早く成長しなくてはならないことを意味します。

This pandemic has shaken up the status quo, laid bare a lot of our country’s, deep-seated problems, from massive economic inequality, to ongoing racial disparities, to a lack of basic healthcare for people who need it. It’s woken a lot of young people up to the fact that the old ways of doing things just don’t work. That it doesn’t matter how much money you make if everyone around you is hungry and sick, and that our society are not democracy only work when we think not just about ourselves but about each other.

このパンデミックは現状を揺るがし、大きな経済的不平等から進行中の人種的格差、それを必要とする人々のための基本的なヘルスケアの欠如まで、わが国の根深い問題の多くを明らかにしました。多くの若者は、古い方法ではうまくいかないという事実に目覚めさせられています。 あなたの周りのみんなが空腹で病気の時、あなたがどれだけお金を稼ぐかなど関係ありません。 そして、我々の社会や民主主義は、自分自身についてだけでなく、お互いについて考える場合にのみ機能します。

It’s also pull the curtain back on another hard truth, something that we all have to eventually accept once our childhood comes to an end. You know all those adults that used to think [they were] in charge or knew what they were doing? Turns out they don’t have all the answers. A lot of them aren’t even asking the right questions. So if the world’s going to get better, it’s going to be up to you.

それはまた、別の難しい真実に幕を下ろし、私たちの子供時代が終われば、私たち全員が最終的に受け入れなければならないものなのです。あなたがかつて、立場があり、何をやっているのか知っていると思っていた大人たちは、すべての答えを持っているわけではないことが判明しました。彼らの多くは適切な質問さえしていません。ですから、世界が良くなるかどうか、それはあなたたち次第です。

That realization may be kind of intimidating, but I hope it’s also inspiring. With all the challenges this country faces right now, nobody can tell you, “No you’re too young to understand,” or “This is how it’s always been done.” Because with so much uncertainty, with everything suddenly up for grabs, this is your generation’s world to shape.

その認識は一種威圧的かもしれません。しかし、それが刺激になることを願っています。この国が今直面しているすべての課題を踏まえれば、誰も「いいえ、あなたは理解するには若すぎる」または「これが常に行われている方法だ」とは言うことはできません。とても不確実で、すべてが突然手に入る状態にあるからこそ、あなたたち世代が、形作る世界なのです。

Since I’m one of the old guys, I won’t tell you what to do with this power that rests in your hands, but I’ll leave you with three quick pieces of advice. First, don’t be afraid. America’s gone through tough times before. Slavery, civil war, famine, disease, the Great Depression, and 9/11, and each time we came out strong. Usually because a new generation, young people like you, learned from past mistakes and figured out how to make things better.

私は年をとった人間の一人なので、あなたの手にあるその力をどうするべきか話しません。しかし、3つの簡単なアドバイスをお伝えします。 第一に、恐れるな。アメリカはこれまでに奴隷制度、内戦、飢饉、病気、大恐慌、そして9/11という困難な時期を経てきました。そして、その度に私たちは強くなったのは、あなたたちのような新世代の若者が過去の過ちから学び、物事をより良くする方法を見いだしたからです。

Second, do what you think is right. Doing what feels good, what’s convenient, what’s easy, that’s [how kids] think. Unfortunately, a lot of so-called grownups, including some with fancy titles and important jobs, still think that way, which is why things are so screwed up. I hope that instead you decide to ground yourself in values that last like honesty, hard work, responsibility, fairness, generosity, respect for others. You won’t get it right every time. You’ll make mistakes like we all do. But if you listen to the truth that’s inside yourself, even when it’s hard, even when it’s inconvenient, people will notice. They’ll gravitate towards you and you’ll be part of the solution instead of part of the problem.

第二に、あなたが正しいと思うことをしなさい。気持ちの良いこと、便利なこと、簡単なこと、それは小さな子供の考え方です。残念ながら、派手な肩書きや重要な仕事をしている人を含めた、多くのいわゆる大人は、まだそのように考えています。だから物事がめちゃくちゃになっているのです。代わりに、誠実さ、勤勉さ、責任感、公平さ、寛大さ、他者への敬意など、永続する価値観に身を置くことを決心してほしいと望みます。毎回正しくやれるとは限らず、私たちがするように間違いもおかすでしょう。しかし、あなたが自分の内面にある真実に耳を傾ければ、たとえそれが困難であっても、たとえそれが不便であっても、人々は気づくでしょう。彼らはあなたに引き寄せられます。そして、あなたは問題の一部ではなく、解決策の一部となるのです。

And finally, build a community. No one does big things by themselves. Right now, when people are scared, it’s easy to be cynical and say, “Let me just look out for myself or my family or people who look or think or pray like me.” But if we’re going to get through these difficult times, if we’re going to create a world where everybody has opportunity to find a job and afford college, and we’re going to save the environment and defeat future pandemics, then we’re going to have to do it together. So be alive to one another’s struggles. Stand up for one another’s rights. Leave behind all the old ways of thinking, the bias, sexism, racial prejudice, status, greed, and set the world on a different path.

そして最後に、コミュニティを構築しよう。自分一人で大きなことをする人はいません。まさに今、人々が恐れているときは、シニカルになるのは簡単ですし、自分自身や自分の家族、あるいは自分と同じ様に見たり考えたり祈ったりする人たちだけに目を向けるのは簡単です。しかし、この困難な時期を乗り切るためには、 誰もが仕事を得る機会に恵まれ、大学に行く余裕のある世界を作るためは、 私たちが環境を守り、将来のパンデミックに打ち勝つためは、私たちは一緒にそれをしなければなりません。だから、お互いの困難を一緒に乗り越えてください。お互いの権利を擁護してください。性差別、人種的偏見、地位、貪欲など、私たちを分断するすべての古い考え方は置き捨て、世界を別の道に進めてください。

When you need help, Michelle and I have made it the mission of our foundation to give young people like you the skills and support to lead in your own communities and to connect you with other young leaders around the country, and around the globe. But, the truth is, you don’t need us to tell you what to do because there’s so many ways you’ve already started to lead. Congratulations, class of 2020. Keep making us proud.

あなたたちが助けを必要とするとき、ミシェルと私は、あなたたちのような若い人々に、あなた自身のコミュニティをリードするスキルとサポートを提供し、あなたたちを国内、そして世界中の他の若いリーダーとつなぐことを私たちの財団の使命としています。しかし、実際は、あなたは私たちに何をすべきかを話す必要はありません。なぜなら、非常に多くの点で、あなたたちはすでにリードし始めているからです。クラス2020、卒業おめでとう!これからも素晴らしくあり続けてください。

Follow Us