コラム

“裏取りのプロ”テレビリサーチャーが語る『ファクト・フルネス』と『コンプライアンス』

ヒトには「思い込み」がある! バイアスをいかに取り除いてミスリードを防ぐか

share

人は「思い込み・バイアス」からは逃れられない

私たちの思い込み・バイアスを生み出す「10の本能」は、がんばって消し去れるものではありません。それゆえ、裏取りを怠れば、事実ではない・誤った情報を発信してしまう事故は起こり得るのです。悪意はなくとも、フェイクやミスリードを発信すれば、発信元は責任を問われますし、イメージや信頼を損なうことにもなりかねません。

裏取りは、どうしても手間がかかりますが、しっかりすればファクトはフルネス!で、フェイクやミスリードを回避できるのですから、手間をかける甲斐があるというものです。

「人は思い込むもの」。この前提に立てば、ファクト・フルネスの追求がいかに手間の掛かるものか、分かるだろう。©123RF

ただ、ファクト・チェック(裏取り)では対処しきれない、意図しないハレーションが、今日のマス・コミュニケーションでは起こり得ます——いわゆる「炎上」です。

次回は、発信する情報のコンプライアンスに役立つ「情報を扱うプロの3原則」を踏まえて、資料探しのコツからコンプライアンス・チェックのポイントを説明できればと考えています。またどうぞお付き合いください。

Follow Us