メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

ラベルに隠れたワンポイント、「Pedal &Senza」のパッケージデザインの裏側

share

ライフスタイルコスメ「Pedal &Senza(ペダル アンド センツァ)」のデビューコレクションである、ハンド&ボディケアシリーズが10月6日に発売された。フラワークリエイターの篠崎恵美さんと共に商品自体のプロデュースからディレクション、デザインまで全般を手がけた、アートディレクターの永戸鉄也さんに話を聞いた。
(※本記事は11月1日発売の月刊「ブレーン」12月号「エディターズチェック」に掲載したものです)。

「Pedal&Senza」は国産の天然粘土「モンモリロナイト」を主原料とした商品の開発・販売を手がける粘土科学研究所の自社ブランドで、アートディレクターの永戸鉄也さんとフラワークリエイターの篠崎恵美さんが商品自体のプロデュースからディレクション、デザインまで全般を手がけている。

今回発売したのは、ハンドソープ、ハンドクリーム、ボディクリームの3種類。香りは柔らかさを表現した「doux(ドゥー)」と重々しさを表現した「pesante(ペザンテ)」の2種類あり、計6品を用意した。

容器は白を基調としたシンプルなつくりだが、外箱は永戸さんのコラージュ作品「KASHIKA(かしか)」を元にした華やかなデザインだ。

「以前制作した『KASHIKA』というコラージュ作品をベースに、粘土と、篠崎さんが手がける植物のイメージと、僕がモチーフにしている古い紙という3つの要素をコラージュして拡大し、キービジュアルを作成しました。それをdouxとpesanteのイメージに合わせて切り取って箱のデザインに使用しています」と永戸さん。

ロゴのフォントは、好んでよく使うという「Garamond」を使用し、字間に余裕を持たせた。「裏面の成分表記も自分で組んでいます。全体的に、風が通り抜けるような心地よい文字の並びを意識しました」。

中でも一番のポイントとして挙げるのは、「Pedal & Senza」というブランド名だ。

「篠崎さんとブランド名を考える中で、楽譜において(ピアノの)ペダルを離すことを意味する『Senza』が、花のような記号であることに気付きました。音の響きを終わらせる合図が、花に見えるマークで表すという事実に、切なさを感じて夢中になってしまって。このマークをブランドロゴとして使用しています」と話す。

またハンドソープとボディクリームのガラス瓶は、実はラベルを剥がすとSenzaマークが黒でシルクプリントされている。「僕も篠崎さんも、物を買った後にラベルを剝がして使うのが好きで、思い付きました。使用後も、ワンポイントが入っている瓶として自由に楽しんでいただけたら」(永戸さん)。

スタッフリスト

AD+D
永戸鉄也

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

 

月刊『ブレーン』2022年12月号

【特集】広がるメタバース市場
バーチャル表現はどこまで進化したか
(月刊『ブレーン』2022年12月号)

 
・コンピュータエンターテインメント協会
「東京ゲームショウVR 2022」
・モスフードサービス
「モスバーガー ON THE MOON」
・サントリー食品インターナショナル
「サントリー“飲むメタバース”プロジェクト」
・「バーチャル井波」
・三菱地所レジデンス「SUPER MODEL ROOM」
・映画『百花』
バーチャルヒューマンアーティスト「KOE」
・〈座談会〉
メタバース事業に挑戦する3人が見据える
「アナログ」な価値
仲田朝彦(三越伊勢丹)× 朴正義(バスキュール)× 宮原広志(博報堂)
ほか


Follow Us