コラム

クリエイティブ・イノベーション・ファーム takram のアイデアの生み方と育て方

avatar

渡邉 康太郎(takram design engineering )

アテネ、香港、東京で育つ。大学在学中の起業、ブリュッセルへの国費留学等を経て、2007年よりtakram参加。最新デジタル機器のUI設計から、国内外の美術館でのインタラクティブ・インスタレーション展示、企業のブランディングやクリエイティブ・ディレクションまで幅広く手がける。代表作に、東芝・ミラノサローネ展示「OVERTURE」、NTTドコモ「iコンシェル」のUIデザイン、虎屋と製作した未来の和菓子「ひとひ」など。

多くのプロジェクトを元に体系化した「ものづくりとものがたりの両立」という独自の理論をテーマに、企業のデザイナー・エンジニア・プランナーらを対象とする人事研修、レクチャーシリーズやワークショップを多数実施。国内外の大学やビジネススクールでの講義・講演も。香港デザインセンターIDK客員講師。独red dot award 2009等受賞多数。趣味は茶道。

AXIS、IDEO Tokyoとともに、デザイン思考を広める一般向けの連続イベント「Collective Dialogue - 社会の課題にデザインの力を」を共同主宰。著書に「ストーリー・ウィーヴィング」(ダイヤモンド社)。その他「THIS IS SERVICE DESIGN THINKING. Basics – Tools – Cases 領域横断的アプローチによるビジネスモデルの設計」(BNN新社)の監修・解説を担当。


このコラムについて

独自のアイデア発想手法やワークショップ手法で知られるtakram。このコラムでは、そのメソッドや思考法、ツールを紹介します。 製品開発や企画立案、ブランドアイデンティティ構築やPR戦略立案まで、takramの仕事の幅は多岐にわたります。しかしそれらのエンジンとなる思考の作法は、実は仕事の種類を問わず共通している。発想、議論、アイデア発散と収束、ワークショップ企画運営などからなる、takram ideation methodologies —―。本連載では毎回一つのツール、メソッドを紹介しながら、実際のビジネスの現場で見られたエピソードや応用例などに触れていきます。

広告系の求人情報 宣伝会議キャリアナビ
マーケティング資料ダウンロードサービス
マーケティング・コミュニケーションパートナー一覧