ツイッター、動画広告の料金を改定 自動再生の導入で

share

ツイッターは16日、動画広告の課金ルールを一部変更したと発表した。投稿された動画を自動で再生するよう、Twitterの機能を改めたことに伴う対応。さらに、Twitter利用者が広告を見たかを検証するため、ニールセンやモートなどと協力することも明らかにした。

自動再生する対象には、GIF動画やVineの投稿も含まれる。iPhone向けTwitterアプリと、パソコンのWebブラウザ版Twitterで対応を始めた。Android版にも順次導入する予定。

Twitter上の動画広告が、スマートフォンやパソコンの画面内にタテヨコすべて収まり、3秒以上再生されると、広告料金が発生する。この基準は、米メディア指標協議会(Media Rating Council)らによる「画面が半分以上表示され、2秒以上再生する」という基準よりも厳しい。

自動再生するかどうかは、ユーザーが選べる。これまでどおり、クリックして再生するか、Wi-Fiにつながっている場合のみ自動にすることもできる。ツイッターは、「テスト版では自動再生を受け入れる声が多い。動画広告を最後まで見た人の数も従来の7倍になった」と主張している。


「ツイッター」に関連する記事はこちら

Follow Us