コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

澤本さんがCES@ラスベガスの会場から生中継(ゲスト:前田裕二)【前編】

share

語り続けて、はじまらない「20秒自己紹介」

権八:今、前田さんはペンを持ち出して、要素を書きだしてますね(笑)。非常に真面目ですね。まさかこんなに茶髪の方が。

中村:暖簾みたいな、「いらっしゃい、やってる?」みたいな前髪の男が。

権八:そんな前髪の方が、こんなに真剣に。「すぐおわ」史上初めて自己紹介の前にペンで整理して。

前田:自己紹介の後で「なんでこの要素入れたんですか?」と、振り返って分析されるんと思って。というと、分析される要素を入れ込んでおかないと、面白くないと思って。

権八:めちゃくちゃ面白い。

中村:その通りなんだけど、それを言語化する人もなかなかいないよね。

前田:このラジオってどういう方が聞いてるんでしたっけ?

権八:広告業界の方もいれば、広告業界を目指す学生の方などですかね。

前田:就活生などですね。

権八:あと、この前、僕は母校の高校生に話にいったときに意外とこの番組を知ってたんですよ。なぜかというと、「スクールオブロック」の流れでそのまま聞いていると「すぐおわ」がはじまると。だからみんな「スクールオブロック」を聞きたいわけです(笑)。

中村:じゃあ遠山校長のおかげで。

権八:意外と中高生も聞いてるみたいです。まぁでも、あまりそういうことも意識せずに気楽に(笑)。

中村:面白いですね。初めの20秒自己紹介をやる前に30分終わるんじゃないかという(笑)。

権八:でも僕らが前田さんのことを話すよりも、前田さんの口からいろいろ聞きたいじゃないですか。と言ってるんですけど、淡々と書き続けてます(笑)。

前田:どういう要素があったらいいのかなと思って。

権八:大丈夫ですよ。そこで話せなかったことも、その後話してもいいわけだし。と言いながら、顔をあげてくれない(笑)。

前田:あ、いけそうな気がする。

中村:先ほどから聞きはじめたリスナーのために言いますと、今、番組は半分ぐらい過ぎようとしていますが、ゲストのSHOWROOM前田くんの初めにやるコーナー「20秒自己紹介」で前田くんが長考、熟考をはじめまして。

前田:この要素全部やったら、たぶん3分ぐらいかかっちゃうなと。

権八:いいんですよ、20秒の後にしゃべればいいんですよ(笑)。番組はたっぷりあるから。

前田:わかりました。

権八:ただ、いかに書きだしても20秒となると、意外とみなさん入らないんですよ・・・と言いつつ、前田さん、黒のライダースでシュッと、室内ですけど黒の皮ジャンを着て。かっこよく。

中村:広告業界のかっこいい方もライダースを。

前田:自意識とライダースの関係性みたいな。

権八:前田さん、自分のiPhoneでタイマー用意してますけど、ちゃんと音鳴るので。どうでしょう、そろそろ。

中村:準備はよろしいでしょうか?

前田:1回やってみてもいいですか?

一同:(笑)

権八:何回でもやってください、大丈夫ですよ。

次ページ 「インドで人生が変わり、「機会の均等」がテーマに」へ続く

Follow Us